練習開始から1週間2日

かわらず隙間時間を見つけてはピアノ弾いています。昨日はちょっと仕事から早く帰ってきたので、4時間弾きました。さすがに4時間越えると、がっつりと弾いた感が。

内容は、のんびりペースでしっかり弾く練習続けています。今ブルグミュラーの5番までしっかり指定テンポで丁寧に弾けるようになったところ。これぐらいのスピードで、ゆっくり1曲ずつこなしていきます。音がバラバラとなるところや、よくつっかえる場所をピックして、ひたすら反復練習。やはりこれをすると手がしっかりと覚えるので、格段に良くなる。

でも、ブルグミュラーだけをじっくりのみでは飽きてきてしまうので、と他の曲も1曲だけ。ショパンのワルツ集から1曲。ゆっくりと譜読みをしているところです。

ショパンワルツ第3番イ短調 No.3 a moll op. 34-2
作曲年 1831年

なんとなく選んだこの曲。譜読み自体が簡単そうだったし、なによりゆっくりのテンポで弾けるので、今の私でも弾けるかな、との選曲。曲自体もすごーく好き。なんともいえない哀愁たっぷりのマズルカ的な曲です。簡単とはいえ、ブルグミュラー25の練習曲に比べるとずっと難しいので、いろんな意味で指のトレーニングにもなっています。


[PR]

by piano_lessons | 2015-07-04 13:10 | 1ヶ月目 | Comments(0)