アルトゥール・ルビンシュタイン

ショパンのワルツを弾く上で、どういう風に弾くのがいいのか参考にするために、動画をいろいろ検索しました。(便利な世の中ですね。私がピアノを弾いていた80年代90年代前半は、まだレコードやカセットテープ、CDを買うのが精一杯。インターネットなんてなかったですからね…)ですが、自分の思っている曲のイメージではない演奏なんかもちらほら。で、ショパンを弾かせたらピカイチのピアニストを探して出会ったのがアルトゥール・ルビンシュタイン。

アルトゥール・ルビンシュタイン
(Arthur Rubinstein, 1887/1/28-1982/12/20)
ポーランド出身のピアニスト。様々な作曲家の作品の演奏で国際的な名声を博し、特にショパンの演奏では同時代のもっとも優れたピアニストであるとみなされている。また、20世紀の代表的なピアニストの一人である。ルービンシュタインの演奏家としてのキャリアは80年にも及んだ。前半生はヨーロッパで、後半生はアメリカで活躍した。ショパン以外では、ブラームスやスペインのピアノ音楽も得意とした。(Wikipediaより)

詳しい生涯についてはこちら(ショピニストへの道〜ショパンを極めようのサイトより)。

で、このルビンシュタインの演奏、確かにすごーくいい!私が目指したい!と思える素敵な演奏です。
ショパンワルツ第3番

ショパンワルツ第9番

心に染み入るこの演奏。これを聞いてしっかり弾き方勉強しようと思います。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

[PR]

by piano_lessons | 2015-07-09 01:40 | ピアニスト | Comments(0)