練習開始から2週間1日

ピアノを弾き始めて2週間と1日。確実に2週間前よりはずーっと指が動くようになってきました。とはいえまだまだ長い修行の日々です。

昨日の練習
ハノン19番まで(1番から弾いているわけではないです)
ブルグミュラー8番〜10番
ショパンワルツ第3番と第9番
ベートーヴェンソナタ第8番「悲愴」第二楽章

またまた次へ進みたいという気持ちと、まだうまく弾けていないという気持ちの堂々巡り。ブルグミュラーも、ショパンも、一応楽譜を見て弾けるから、もっといろんな曲を弾いてみたい、という思いがあったり、いやいや、ネットで聞いたルビンシュタインの演奏みたいに、もっと表現力をつけて、曲の中の盛り上がり、抑えるところ、いろいろ真似して練習しなきゃ、という気持ちが行ったり来たり。

で、つい誘惑に負けてベートーヴェンに手を出してしまいました。16小節目までの第一主題をゆっくりと譜読み。泣ける旋律。本当に綺麗な音楽。作曲されたのは1798年。このころ、ベートーヴェンが難聴を自覚した時期。音楽家として致命的な難聴を患ったことによる深く大きな悲しみを楽曲に込めたこのピアノソナタ。これを綺麗に旋律を聴かせるように弾けるといいなぁ。3声からなるこの主題、綺麗に弾けるようになるには修行が必要。やっぱり古典のバッハは欠かせない?聴くだけなら簡単そうなこの曲、かなり難しい!9度(オクターブ+1音)のところが、指を限界まで伸ばしてなんとか。手がつりそうになるよ。

ああ、やっぱり私のピアノをしっかり指導してくれるような先生に巡り会いたいなぁ。そしたらこういう堂々巡りの気持ちと決別できるのか。そもそも2週間足らずでこんなに迷いが出るっていうのも…焦りすぎよね。修行が足りてないんだよな、きっと。と、ここに書いているとちょっと気持ちが落ち着いてくる。やっぱり練習曲の指定テンポ、これをしっかり守って地道にコツコツですね。頑張ろう。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
[PR]

by piano_lessons | 2015-07-11 04:15 | 1ヶ月目 | Comments(0)