2015年の成果

2015年は、ピアノを買い、20数年無視し続けていた自分のアイデンティティーとも言えるピアノと再会を果たしました。それ以来、ピアノを弾くのが楽しくて楽しくて。どうしてこんなに長い間ブランクを作ってしまったのか、後悔の嵐。

クリスマス休暇の帰省中も、義両親宅のピアノでショパン漬けでした。みんなに「上手だわ〜。」「こんなに弾けるの全く知らなかったよ!」と散々おだてられて、いい気になって帰って来ました(苦笑 しかも、義母からはルービンシュタインの弾くショパンのCD10枚組をクリスマスプレゼントに頂いてうっきうき。これで通勤の車の中もしばらくはショパン漬け決定!

日本から唯一持ってきていた楽譜がこれでした↓
ショパンのワルツとマズルカ集
e0350178_14324372.jpg
















ショパンコンクールもまだ記憶に新しいし、ワルツなら弾けるかな?ぐらいまでは腕も復活してきたので、ワルツ漬けの日々。3番はとにかく大好きな曲。9番もいい曲で、この2曲はリハビリを兼ねてピアノ開始直後から弾いていました。そして11月末ぐらいから1番をぼちぼちと弾きはじめ、今弾いているのがワルツ2番(Op.34-1)。ワルツの中ではかなり難しいこの曲。華やかな1番、2番のワルツだと私の中では2番の方が好き。技術的にも今の私にはかなり精一杯な感じで、いい練習になっています。今は集中的に最後のコーダを練習中です。

さて、2015年度の総括

ブルグミュラー25の練習曲すべて
ツェルニー30番 1番〜9番まで。10番取り組み中。
バッハ インベンション 1, 4, 7, 8, 10, 13, 15番まで。14番を取り組み中。
モーツァルト キラキラ星変奏曲
モーツァルト トルコ行進曲
ショパン ワルツ1, 2, 3, 9番
ショパン マズルカ5番

ピアノ開始直後からは比べると、随分腕も戻ってきました。まだ現役時代にはおよばない感じ…とにかく普段は、練習をする時間が短い。1時間ぐらいしか弾けない日がほとんど。仕事に子育て、その間を縫っての練習時間の捻出。ああ、子供が生まれる前の、時間がたっぷりあったあの頃に開始していたら、と後悔の嵐です。それでも、こうしてピアノが弾ける日々が幸せ。

2016年の抱負

ピアノレッスンの開始
ツェルニー30番を終わらせる。
バッハのインベンションを終わらせてシンフォニアの半分ぐらい。
ショパンをもう少しいろいろ弾いてみたい。
ベートーベンのソナタも手を出したい。
人前で弾く機会を作りたい。

ツェルニーは、再来週初レッスンに行く予定の先生は、一切使っていないということなので、続けるかどうかはまだ未定。自分的には30番は最後までちゃんと弾いて終わらせたいなぁ、という気がするのですけどね。バッハは月一のペースで新しい曲に取り組んでも、シンフォニア半分まで行けるといいな。ま、今年一年の方針は、ピアノの先生の方針次第という気もします。まずは先生との相性次第ですよね。自分の目指す方向に導いてくれる、素敵な先生だといいなぁ。

ショパンはとにかく今はまっているので、マズルカもワルツももっと弾きたい。ノクターンも弾いてみたい。エチュードもスケルツォもバラードもいつかは弾きたい。この辺が弾けるようになるにはまだまだ時間が掛かるだろうけど、それでも弾きたい曲だらけのショパンです。次のショパンコンクールぐらいにはエチュードを弾いている自分がいるといいなぁ、と妄想中。

そして、人前で弾く機会。まずはレッスン開始が大きな前進。それ以外にも、地元のサークルとか、発表会の機会とかを探して、人前で弾く機会を作りたいなぁ、と思っています。動画をブログにアップするという事も考え中。


[PR]
by piano_lessons | 2016-01-04 14:54 | 1年目つれづれ | Comments(0)

アラフォー、20年のブランクを経てピアノを再開したRobertoです。練習記録のためのブログ。


by Roberto
プロフィールを見る
画像一覧