レッスン1回目

ピアノを再開してはじめてのピアノレッスン行ってきました☆

夜8時半から45分レッスンということで、子供達のお風呂&寝かしつけを夫にお願いして、ルンルン気分で出かけていきました。ネットで探した、家から車で7~8分の距離の先生。顔写真がなかったので、どんな先生なのかドキドキしながら行きましたが、第一印象はバッチリいい感じの先生でホーッとしました。

レッスンというよりは、話をしていた時間がとにかく長かった。先生のレッスンの説明とか、どれぐらいフレキシブルか、私のピアノ歴や、どんな曲を弾いてきたか、どんな作曲家が好きかとか、何を求めてここへやってきたのか、何が目標なのか、とにかくいろいろ話をしました。まず初回3回ぐらいはお試し期間ということで、その後はセメスター(学期)単位での契約となります。ひとまず週1回、45分レッスンで試してみて、もし練習が追いつかない、少しゆっくりペースでしたいなら、2週に1回というのもありだそうです。夏休みの間はレッスンをされないとの事で、私のペースにあっているかも。この辺はレッスンを進めて行く上でまた考えればいいかな、という感じです。

そして、ひとしきり話した後、いよいよピアノを弾く時間。まずはどれぐらい弾けるのか、好きな曲と、今の技術精一杯ぐらいの曲を弾いてくださいと、電話でお話しした時に言われていたので、持って行った曲を弾きました。

072.gifショパンワルツ3番(Op. 34-2)
072.gifショパンワルツ2番(Op. 34-1)

先生のピアノはSAUTERのグランドピアノで、とにかく弾くのが気持ちよかった!音もすごーくいい。でも、普段と違うピアノ、違う照明、違う場所ということで(←いいわけ?)、家で弾いている時に比べてミスが多かった(汗 それでも先生は、すごーくよかったよ!と。私の今できるベストは出し切ったし、満足。

で、正直私、この2曲のワルツはもうかなり弾き込んだので、これを指導されて、さらにまた来週まで、というのは嫌だな〜と思っていたら、なんのことや、全く指導はなし(先生、私の心を読めるんでしょうか?)。先生曰く、まずは今弾けるレベルがなんとなく把握できた。次はどれぐらいの進度で進められるのか見るために、来週までに新しい曲を1曲見てきてくださいとの事。で、どれぐらい時間を掛けたのかも記録してくださいという事。

で、勧められたのがショパンのノクターン。2曲の出だし部分を弾いてくださり、好きな方を選んでいいよ、との事。実はノクターン、今まで1曲も弾いた事がないので、やりたいなぁ、と思っていたところ。楽しみです☆

ノクターン19番か20番。20番は聞いた事があったので、いい曲だしこれ!と最初は思ったのだけど、聴けば聴くほど19番(Op. 72-1)にすっかり魅了されてしまいました。一曲まるっと聞いたら、あまりにせつないこの曲、泣けました。ということで、19番で決定。もう楽譜もエキエル版をAmazonでポチっとしました(と思っていたら、この19番と20番はショパンの死後に発表された作品として、エキエル版ではノクターン集には入っていないことが判明…エキエル版も結構お高いので、ひるんでまだ楽譜は買えていません)。ひとまずダウンロード版で我慢。どちらもそんなに難しくないから、物足りないなら2曲ともやってきてもいいよ、との事(でもさすがにそれはないな…)。

Arthur Rubinsteinの弾くNocturne Op. 72, No.1 in E minor




そして、スケールの練習法、親指のトレーニングの2つを教えてもらいました。私の先生、実はVladimir Horowitzの孫弟子にあたるそうです。(なーんて、Horiwitzの存在すら知らなかった私ですけど…彼についてはまた別記事にまとめようと思います。)そのHorowitz大先生直伝の練習法だそうです。

結局今日は全部で1時間40分もの間先生のお宅にいました。いっぱい時間を取ってくださって、しっかり聞きたい事、話したい事、すべて伝える事ができました。とにかく来てよかった!素敵な先生だし、生徒さんの半数は大人を見ていらっしゃるそうで、大人の生徒さんにも慣れていらっしゃるし、私の目指す所へちゃんと導いてくれそうな先生。ピアノを実際に弾いてくれるし、ピアノが複数台、先生のお宅にあるというのもいい。いずれはコンチェルトとかにも挑戦してみよう、との事。もう、願ったり叶ったりの先生です。

素敵なレッスン待ちエリア。
e0350178_01020456.jpg


















この奥にはレッスン待ち生徒さん用にピアノ室(ヘッドフォン付きの電子ピアノと、アップライトピアノがあります)もあって、少し早く着いても、自由に入ってきて練習していいよ、との事。さらにそこにはクラッシックピアノの楽譜全部があって(しかも全部Urtex Editions、青い表紙のやつです)、早くに来て運指などのチェックをしてもいいし、コピーを取ってもいいよとの事♡

私のピアノ人生にとって新しい幕開けとなったこのレッスン1回目。この感動を忘れず、これからもずっとピアノと暮らして行こうと思います。


[PR]
Commented by つばさ at 2017-12-07 19:21 x
素敵すぎる先生&おうち&設備ですね!
うらやましすぎます☆
東京だとまず一軒家でレッスン受けれる教室が少ないような‥なのでうらやましすぎです\(^o^)/
by piano_lessons | 2016-01-29 01:34 | レッスン記録 | Comments(1)

アラフォー、20年のブランクを経てピアノを再開したRobertoです。練習記録のためのブログ。


by Roberto
プロフィールを見る
画像一覧