大人のピアノ

大人のピアノレッスンについていろいろ先生と話したことをつらつらと。

まず、先生を探すのが大変だった、という話。いろいろネットで検索したのですが、子供しか見ないという先生がわりといます。ピアノの先生曰く、大人は脱落率が高いので、ピアノの先生としては大人をみたがらない人が多いとのこと。大人が脱落率が高いのは、大人は自分の意思でレッスンに来る。子供みたいに、親がしっかりサポートしてくれる、みたいな状態ではないため、上達しないなぁ、とか、しんどいなぁとか、練習時間が取れないなぁ、と思ったら投げ出してしまう、という結果に結びつくようです。これは確かに納得かも。

また、きちんとしたピアノ指導法を知らない先生だと、大人は見れない。子供というのは、常に混乱の世界に生きているから(分からない、自分が理解できない事がいっぱいあるので、それが普通)、何かよくわからなくても、そんなものか、とスルーできる。大人はそうではないので、きちんとした指導がされないと、それをすぐに察知する。だからこそ、大人の生徒を取らない先生も多いそうです。

あとは、そもそも自分がそれほど弾けないから、子供しか見れないという先生も結構いるみたいです。これは、アメリカには、たいていの総合大学には音楽学部というのが存在していて(たとえばコミュニティーカレッジとかでも音楽専攻がある)、日本に比べて、「大学で音楽を学びました」という人のレベルがピンキリな気がします。(あくまでもこれは私の想像なので実際どうなのかはわかりません。)私が先生を探している時も、ものすごーく近所に先生が一人いたのですが、やはり初級〜中級までしかみません、という先生でした。

私の場合は、前の記事にも書きましたが、とにかく近場、というのが最重要条件でした。なので、先生を調べたのも地元のみ。その中で、大人も教えて、上級者(と言えるほどではないですが、目標としているので)も教えるという先生を調べてたどり着いたこの先生、これから長く付き合える先生となることを願っているところです。

大人のピアノの練習、まだまだ再開して半年ほど。これからどんな風に成長できるか楽しみです。また、ブログを通して、同じような境遇にある人と、いろいろ交流ができればなぁと思っています。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
[PR]
by piano_lessons | 2016-01-30 11:47 | 1年目つれづれ | Comments(0)

アラフォー、20年のブランクを経てピアノを再開したRobertoです。練習記録のためのブログ。


by Roberto
プロフィールを見る
画像一覧