アビーサイモン ピアノリサイタル

ピアノを再開して初めて、ピアノリサイタルへ行ってきました。

子供が二人いる身。なかなかコンサートへ出かける機会なんてありません。たまたま金曜日、デイケアが子供を夜に預かってくれる、という機会があったので、夫と二人でコンサートへ行く事ができました。

アビーサイモン "Abbey Simon"というアメリカ人ピアニスト。なんと御歳94歳の現役ピアニスト。アメリカ生まれ。5歳でピアノを始め、カーティス音楽院にてジョセフホフマンに師事。卒業後すぐにカーネギーホールにてデビュー。18歳でナウムバーグ国際ピアノコンクールで優勝。その後数々の演奏活動、教育活動、レコーディングを行い現在に至るそうです。

072.gifプログラム
Clementi Sonata in F minor, Op.13 No.6
Schumann Kreisleriana, Op.16
Chopin Four Impromptus, Op. 29, Op. 36, Op. 51, Op. 66

アンコール曲
Chopin Nocturne Op.48 No.2

94歳のおじいちゃんピアニスト、ということでどんなものかこっちがドキドキしました。さすがに94歳、パワーという面では限界がありますが、それでもびっくりするほど素敵なピアノを聞かせてくれました。観客たちも、そんな彼を知っている人たちが多数で、とっても暖かい、素敵なコンサートでした。アンコール曲がショパンのノクターンだったことにも感動。私の弾いている曲とは違う曲だったけれど、ああ、やっぱりショパンのノクターンは本当に素敵だなぁ、とうっとり鑑賞。

そんなコンサートを聴いて、ああ、ピアノって本当に一生楽しめるものだなぁ、と思いました。私の第二のピアノ人生も始まったばかりだけれど、これから何十年も掛けて、いろんな曲と出会って行けたらいいなぁ。


[PR]
by piano_lessons | 2016-02-07 01:46 | コンサート | Comments(0)

アラフォー、20年のブランクを経てピアノを再開したRobertoです。練習記録のためのブログ。


by Roberto
プロフィールを見る
画像一覧