ベートーヴェン

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
Ludwig van Beethoven (1770/12/16 - 1827/3/26)

悲愴を開始したので、今じゃすっかりベートーヴェンのとりこに(笑 通勤の車の中では、カラヤン指揮のベートーヴェンの交響曲全集を聞いています。彼について知れば知るほど、彼の人間味溢れる感じが大好きに。ショパンの繊細さよりも、私にはベートーヴェンの方が合ってるかも〜?なんて思ってみたり(笑 私のピアノの先生も、「ベートーヴェンの曲、すんごい面白くて大好き!」って言ってました。悲愴の第1楽章ですら、「ほら、この冒頭部とか、Looney Tunesのマンガみたいに、むっちゃ大袈裟でドラマティックで面白いやん」って。そんな見方をした事がなかった!先生の表現、いつも目からウロコです。

ということで、前回のショパンに引き続き、まとめはしませんが、参考になったサイトのリンクを。

ここをさらりと全部読んだ後で今度はこちら
ベートーヴェンの人間味溢れる性格をちょっと感じることができます。このサイトに書いてあるように、ピアノソナタ第32番の第2楽章を聞きながらこのサイトを読んで泣きました。

そして今はこちらを読み中です↓
新潮文庫より 「ベートーヴェン」平野昭著
e0350178_01294168.jpg



























こちら、なかなか進んでいません。家に帰ると空き時間はピアノの練習にすべてを費やしてしまうし、通勤は車なので読書時間を確保するのがなかなか。日本にいる時は、通学時間が私の読書時間だったものね。アメリカにも電車をもっと普及させて〜!と願う今日この頃です。


[PR]

by piano_lessons | 2016-03-02 02:02 | 作曲家 | Comments(0)