悲愴第三楽章 練習状況2

週末が終わりました。土日それぞれ3時間以上は軽く弾いていたんじゃないかな、と思います。そこそこ充実した練習ができました。すっかり第3楽章の譜読みにはまっていて、第2楽章の弾きこみというか、分析というか、そういうのがあんまりできていませんけど(汗 それでもショパンの弾き直しやドビュッシーの録音なんかもして、なかなか盛りだくさんの週末となりました。

悲愴第三楽章、予定通り展開部終了までの譜読み終了。弾く速度自体は目標速度には到達していませんが、そこそこの速度まで上がってきました。展開部終了後の再現部、第一主題とまったく同じかとおもっていたら違っていたので、127小節目まで譜読み終了、という感じです。残り3ページ弱までやってきました。

弾いていて楽しい部分がいっぱいのこの第3楽章、すごく楽しんでいます。25小節目からの、ちょっとだけ長調になる部分。可愛らしいメロディーで、弾いていてすごく楽しくなります。展開部開始の79小節目からの部分は、ちょっとバッハっぽくて好き。最初2声なのがその後3声へと変化し、そこから片手ずつのスタッカート、そして両手の掛け合い的な部分へとどんどん変化。なんて盛りだくさんなんでしょう。ここからどうやって曲が終わるのか、最後の3ページがとっても楽しみです(曲自体はさんざか聞いているのだけど、弾くのと聞くのじゃ全然理解度が違うというか)。

さらに、先日紹介したベートーヴェンの本も少し読み進めることができました。こちらも、あんなにこじんまりとした文庫本ながら、詳細に渡る内容で、かなり読み応えがあります。またまたがっつりとベートーヴェンに染まった週末。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

[PR]
by piano_lessons | 2016-03-07 14:27 | 1年目つれづれ | Comments(0)

アラフォー、20年のブランクを経てピアノを再開したRobertoです。練習記録のためのブログ。


by Roberto
プロフィールを見る
画像一覧