ベートーヴェン悲愴の動画

この間、第二楽章のいろいろなピアニストの動画をアップした時に、Music Diaryのまきこさんが教えてくださった(ありがとうございます!)、Alfred Brendelの演奏する悲愴にfall in loveなのです♡ ちなみに第三楽章は15:03からです。

BRENDEL, Beethoven Piano SOnata No.8 in C minor, Op.13 "Pathetique"

本当に素晴らしい演奏で、メリハリがあって、メロディー聴かせるところはきっちり聴かせてくれて、すごーく綺麗で、ほんとうに素晴らしいんです。何度聴いても聴き飽きることがありません。悲愴3楽章、ちゃんと最後まで弾けるようになったけど、こんな風に弾けるようになりたい!まだまだ練習あるのみですね。頑張ろう!

あ、ちなみに明日は3週間ぶりのレッスンです!



[PR]

by piano_lessons | 2016-03-30 12:34 | 1年目つれづれ | Comments(4)

Commented by mamechobi at 2016-03-31 01:18 x
3週間なんてあっという間ですね。
この方の演奏もうっとりしますね〜。存じ上げなかったです。
日本ではテレビ番組「題名のない音楽会」で辻井伸行さんが悲愴の第2楽章を弾いているのを見ました。聴き比べができて楽しいです。ショパンショパンと思ってきたけど、おかげでベートーベンのことももっと知りたくなってきました。

ところで、選曲は誰がされるんですか?弾きたい曲を先生にお伝えしてるのか、それとも先生がご提案されるのかしら。Robertoさんのこれから弾きたい曲ってどんなのがありますか?
Commented by piano_lessons at 2016-03-31 13:13
> mamechobiさん
そうなのです。でもまぁ、久々にのーんびりとリラックスできた気がします。3週間あったので、第三楽章もだいぶ弾き慣れてきましたしね。私もショパンショパンと思ってきましたが、ここへきて、あ、ベートーヴェンもいいなぁ、という感じに(笑

選曲は先生だったり私だったり。ノクターン19番は、私がどれぐらい1週間で譜読みを進められるのか見るために先生がノクターンの19番と20番を選んで、そこから私が19番を選びました。ドビュッシーは先生の選曲でした。そして悲愴は私がやりたがっていたのを知っていた先生が、そろそろやってみる?と勧めてくれました。

自分だけの選曲だと、好みが偏ってしまうというか、新しい曲を知るきっかけがないというか。なので、私は先生選曲も大好きです。

弾きたい曲ですか?いーっぱいあります。とりあえず目標はショパンのバラード3番!でもエオリアンハープなどのエチュードもいつかは弾きたいですね。ラフマニノフのピアノ協奏曲2番とかいつか弾けるといいなぁ〜。でも、もうちょっと現実的には、ショパンの幻想即興曲、mamechobiさんの今弾かれているワルツ14番、ワルツの5番(たぶんワルツの中で一番難しい)、ドビュッシーのベルガマスク組曲1番のプレリュードとか、メンデルスゾーンの無言歌集からいくつかとか(春の歌とか狩の歌とかは昔やりましたが、またちゃんと弾き直したいです)。
Commented by laimusic at 2016-04-02 17:07
Alfred Brendel の演奏にはまってしまったのですね!ベートーベンは彼の演奏が一番好きなのです。彼のテンペストソナタの第3楽章がわたしのスマートフォンのリングトーンです^^。彼のシューベルトも素晴らしいですよ。絶品。彼のハイドンとモーツァルトはイマイチなんですよね。Robertoさん、素晴らしいなぁ、悲愴が弾けるなんて!!!もうわたしのピアノ力は落ちっぱなしですよ。再開出来る時にはほとんど弾けなくなってるかも!!!
Commented by piano_lessons at 2016-04-02 23:51
> まきこさん
はい、どっぷりはまってしまいました。Aldred Brendelの演奏、本当に素敵です。今まで聞いた中で一番私好み。スマフォのリングトーンがテンペスト!それもいいアイディアですね♡

シューベルトも素敵なんですね。シューベルトの曲自体あんまり聞いたことがないので、彼の演奏でいろいろ聞いてみようと思います。

まきこさんのところはお子さん3人のピアノとバイオリンのレッスンだけで本当に大変そう!うちも子供達がピアノを習うようになったら、ピアノの取り合いになりそうです(汗 今のうちにたっぷり弾いておこうとおもいます(苦笑