ショパン ワルツ14番 練習状況

はい、ショパンのワルツの譜読み始めました。今日で2日目。72小節目まで譜読み終了しました。

いや〜、やっぱりいい曲だわ〜、これ。跳躍がすごく多いんですが、セクションに区切って、片手ずつ練習→ゆっくり両手を合わせる→間違わないように確実に、そしてすこしずつペースをあげる。そんな譜読みの仕方でじっくりゆっくり。

というサイトより、弾き方の解説がありました。

これを参考に、33小節目からの右手、左手、両方の跳躍は、とにかく右手は見ずに弾けるように。左手の跳躍位置のみの確認で弾けるようにしています。58小節目からのホ長調になるところからはまだ今日譜読みしたばかりなので、かなりゆっくりしか弾けません。ひとまず今日はここまで。

この曲、ショパンの華麗な跳躍の練習に大いになりそうなので、頑張ります。これ、綺麗に弾けるようになると、すごく見栄えがする曲だし、やっぱ取り組んでよかった!曲自体はそんなに長くないので、譜読みもそんなにかからなさそう。



[PR]

by piano_lessons | 2016-04-17 12:25 | 1年目つれづれ | Comments(2)

Commented by mamechobi at 2016-04-18 09:40 x
おお〜、意気込みを感じます(笑)。
ページでいうと4ページしかないので短いですよね。

最初から間違わないように確実に、がポイントなんですね。
私は気持ちが先走りすぎて、
確実じゃないのにどんどんやってしまうから、あとから苦労するんだわ…。
同じ曲をされてる方がいると勉強になりますね!
Commented by piano_lessons at 2016-04-18 13:31
> mamechobiさん
今日日曜日は外出してて、ぜんぜんピアノ練習できず(涙 この曲、弾けるようになるまでひたすらピアノを弾いていた気持ちになるぐらいいい曲!仕事も行かずにピアノに向かっていたい〜。

ということで、4ページしかありませんが、まだ譜読みは終わってません。でも少し弾けるようになってくると、テンポをあげたくなってしまいますね、やっぱり。でもそうするとやっぱり間違える、みたいな(汗 やっぱり急がばまわれ、ということで、ゆっくりじっくり練習しなきゃいけませんねぇ。。あ〜、早く最初から最後まで弾けるようになりたいなぁ。