レッスン17回目

3週間ぶりのレッスンへ行ってきました。

072.gif Chopin Etude Op.10-3 "Tristesse"
渾身の一曲。これで別れの曲のレッスンは終了です。先生と私で一致した意見「ランランの別れの曲、すごく素敵だよね〜!」ということで、ランランの動画をここにアップしておきます。

Lang Lang plays Chopin Etude Op.10 No.3 in E Major at The Berlin Philharmonic.

072.gif Chopin Etude Op.25-2
はい、こちらはいっぱいダメ出しされました。まずは、リズム感はOK。次の課題は、まず、左手うるさすぎ!右手と左手がケンカして、右手のほうが音符は多いけど、左手断然勝ってるやん!というツッコミでした(苦笑

先生のピアノ、SAUTERなんですが、これ、きっちりコントロールして弾かないと、うまく弾けていない音がバレバレな感じ。左手がうるさい!というのも、家のカワイのアップライトだとそんなに気にならなかったんですけど、先生のピアノで弾いていると一目瞭然でした。

高速で駆け抜けるこの曲でも、加速するとことろ、スピードを落としてぐぐっと抑制するところとをつけて弾くように、との事。これをするために、まずはゆっくり、自分でしっかりコントロールできるスピードで練習し、テンポルバートをどのようにつけるのかを決める。それを少しずつ早いスピードで弾けるようにとの事。スケールやアルペジオで駆け降りるような場所は基本的に加速。フレーズの切れ目や、上昇していくところはややスピードを抑えて、コントロールする。とにかく、三連符がひたすら続くので、自然にエネルギーが増大してどんどんテンポが速くなりがち。テンポをしっかり自分でコントロールする事が大事との事でした。

あとは、この曲はどこもケンカをする部分がない、右手と左手の調和が大切だから、しーっかりその事を肝に命じて綺麗に弾くように。ショパンの中でもこの曲のメロディーはダントツで素敵なメロディーなので、ガツガツひいちゃだめよ!という事で。1週間また頑張ります。右手のパワーアップになりそうなこの曲です。レッスン前に2時間ぐらい追い込み練習で弾き続けていたもんで、この日は夜右手がダルくなりました。まだまだピアノ筋肉がへなちょこなんですね、私。頑張ろう。

今学期は来週火曜日でおしまい。で、夏休み〜!と思ってたんですが、7月いっぱい休みなだけだそうで。次のレッスン直後には一時帰国、戻ってくるのが7月中旬なので、実質モーツアルトのピアノコンチェルトを練習する時間は2週間。いろいろ弾きたい曲〜とか思ってたんですけど、モーツアルト一本で夏休みはあっという間に終わりそうです。



[PR]

by piano_lessons | 2016-06-16 04:07 | レッスン記録 | Comments(2)

Commented by mamechobi at 2016-06-16 14:27 x
初エチュードop.10-3、修了おめでとうございます!
そして、ランランさんの動画、ありがとうございます。
ランランさんは別格ですよね。
パワフルな演奏もできるし、繊細な演奏もできるし、
この方って、弾けない曲はないんじゃないかって思います。

25-2、こちらは未だ左手の音とりでてこずってます(笑)。
Commented by piano_lessons at 2016-06-17 03:28
> mamechobiさん
ありがとうございます!別れの曲、すごーく難しかったです。
ランランの演奏、すごーく素敵ですよね。

25-2、私もまた一週間頑張ります。両手でそこそこの速度で弾けるようにはなったんですが、先生のいうテンポルバートをしっかりきかせながら、ちゃんと演奏をコントロールしながらの演奏はまだまだです。頑張りましょう!