懐かしの楽譜たちとの再会

日本帰省中、実家に置いてある楽譜たちをいろいろ見てきました。もうそれはそれは懐かしの楽譜たちがいーぱい。タイムカプセルを開けるような、そんな気持ちで、いろんな楽譜を開きました。

e0350178_00465324.jpg
e0350178_00470404.jpg






















e0350178_00473961.jpg
e0350178_00475575.jpg






















e0350178_00482942.jpg
e0350178_00484421.jpg






















そしてツェルニー100番、30番、40番、50番。50番はかなり前半で止まっていたと思っていたら、真ん中ぐらいまで進んでいました。どの本もボロボロでかなり年季が入っています。バッハのインベンション&シンフォニアに至っては、ボロボロすぎて2冊目買ってましたよ、私。バッハはしっかり弾けるようになるのにすごーく時間が掛かるから、何年も何年も使い続けてここまでボロボロに〜という気合の入りよう。頑張っていたのね、大昔の私!

あとは春秋社の楽譜たち。かなりいっぱいありましたが、結局全部持って帰ることはなく(単にパッキングする時間切れ&他のお土産でスペースがなくなった)、今回、メンデルスゾーン集2(無言歌集)、リスト集2(超絶技巧練習曲集、パガニーニ大練習曲集など)、モーツァルト集2(ソナタ集)の3冊というチョイスでアメリカに持ち帰ってきました。ショパンはやはりエキエル版を使いたいし、ベートーヴェンソナタはヘンレ版をもう買っているし、ということでこんなチョイスになりました。

実家で母に、私のここ数ヶ月の演奏をYouTubeで見せることもできました。母曰く「あれだけ費やした時間もお金も、こうやってピアノを趣味で楽しんでくれているなら、無駄ではなかったね〜。」ですって。小学&中学時代は土曜日も日曜日もピアノのレッスンだったし、それにずっと付き合ってくれたのは母ですからね。本当に感謝感謝です。まだまだこれからもっといろいろな曲と出会って、生涯の趣味として向き合っていこうと、再び初心に帰れた気がします。

あ、そうそう、音楽辞典も発見したので持って帰ってきました!

e0350178_01121308.jpg








これで、分からない楽語をいちいちネットで調べる、ということが不必要になりました。やっぱりピアノのすぐそばに辞典、必要よね。

さ、まだ時差ぼけだけど、ぼちぼちピアノも弾き始めましたよ。頑張るぞ〜!



[PR]
Commented by mamechobi at 2016-07-20 11:54 x
ぽこ あ ぽこ!!
懐かしい!!私もやってました。
緑の「ピアノのテクニック」ってのも同じくらいボロくなって
私は捨ててしまいました〜。

Roberto少女は土日もレッスンがんばってたんですね。
あの頃あってこその今ですね。
お母様はそれは喜ばれたでしょう〜〜!
できれば生で聴かせてさしあげたかったでしょう。

音楽事典、私も1冊欲しいなとおもってるんです。
おすすめありますか?
Commented by piano_lessons at 2016-07-20 12:47
> mamechobiさん
mamechobiさんも同じもの使ってたんですね〜。どれも懐かしいですよね。楽譜はどれも捨てずに実家の母が置いていてくれたので、いろいろ見ることができました。

そうそう、土曜日は音楽教室でソルフェージュ、楽典などの授業、日曜日はピアノの個人レッスンというスケジュールでしたね。まさにピアノづくしの週末でした。実家のピアノ、売られる前にもう一度弾いてあげたかったなぁ〜。

音楽辞典。おすすめとかぜんぜんわかりません。一時、買おうかなぁ、と思っていた時は、独・仏・伊・英による音楽用語辞典、というのを見ていました。Amazonでベストセラーに上がっていましたよ。やはり一冊あると便利ですよね。うちのピアノの先生も、分厚いものでなく、ポケットタイプの小さな辞書を使っていますよ。さっと取り出せるようなものが一番かな?と思いますがどうでしょう?
by piano_lessons | 2016-07-20 01:18 | 2年目つれづれ | Comments(2)

アラフォー、20年のブランクを経てピアノを再開したRobertoです。練習記録のためのブログ。


by Roberto
プロフィールを見る
画像一覧