Trifonov plus Rachmaninoff

行ってきました、Daniil Trifonovのコンサート072.gif

プログラムは
第一部 Schumann Piano Concerto, in A minor, Op. 54
アンコール Franz Liszt 超絶技巧
休憩を挟んで
第二部 Rachmaninoff Symphony No.2 Op. 27

一言で、とにかくすごい!手がものすごく大きくて指が長くて、ものすごいパワー。でもピアニッシモを奏でる時は本当にここまで!?というほど小さな音でしっかりと歌い上げる。とにかく最初から最後まで圧倒的なすごさでした。

アンコールはリストの超絶技巧から1曲。彼、ちょうどリストのすべてのEtudeを録音したCDを出したところということもあり、その中からの一曲でした。リストのエチュードは超有名な超絶技巧マゼッパぐらいしか聴いたことがなかったので、初めて聴いた曲でした。最初から最後まですごいパワーが必要そうな練習曲風だったので、リストかモシュコ?と思っていまいた。モシュコはショパンよりな感じだから、リストかな?と思っていたら、お隣に座った年配のおばさま(ピアノの先生だそうで)が、これはリストよ、と教えてくれました。

ラフマの交響曲2番は、あのしっとりとした緩徐楽章がとにかく泣けます。オーケストラは3管編成(75人ぐらい?)の大所帯。とにかく圧巻。こちらもものすごくすばらしい演奏で、とにかく大感動の交響曲でした。

そこそこお高いチケットだったのですが、本当に行ってよかった〜。やっぱりクラッシックは生演奏で聴くのがやっぱり一番。感動しまくりの2時間ちょっとでした。あ〜、本当に素敵なコンサートでした。

e0350178_02315822.jpg

















[PR]

by piano_lessons | 2016-11-08 04:15 | コンサート | Comments(4)

Commented by ここまふぃん at 2016-11-12 23:22 x
Robertoさんお久しぶりです。ダニール君のコンサート行ったんですね。
プログラムのシューマンのコンチェルトもリストもしまだ彼の演奏は聴いた事ありませんが
よかったでしょうね。想像できます^
モーツアルトの20番進んでますか?
特に 一楽章のカンデンツ(ベートーベン版)の虜になって
(これなら私も何とか弾けるかも) と遊び弾きですが 密かに少しずつ練習して先生に
いつか見てもらおうと企ててるのですが 実際は手持ちの曲で手一杯だし
最後の高速でのユニゾンの速いスケールでつまずいています。
Robertoさんの演奏もぜび聞きたいです。
本当に美しいですよね〜
Commented by mamechobi at 2016-11-16 11:30 x
会場の雰囲気が素敵!!
生演奏はやはり感動も何倍にもなりますよね〜。

ダニールさんは
私も機会があれば一度は生で聞いてみたいです。
Commented by piano_lessons at 2016-11-16 13:17
> ここまふぃんさん
お久しぶりです。コメントありがとうございます。お返事おそくなりました(汗

シューマンもリストもすごーくよかったです。うっとりでした。あぁ、今度は彼のみのリサイタルかなにかでもっとたっぷり演奏を聴いてみたい!と思いました。手がすごーく大きくて、指が長くて、パワーもすごいし、でもピアニッシモがとにかく素晴らしく、感激のコンサートでした。

モーツアルトの20番の第3楽章、後半のカデンヅァ以外はいい感じに弾けるようになり、明日、先生と合わすのがひとまず最後となります。ちょっと仕事で2ヶ月ちょっと不在にするので、その間はピアノもお休み。帰ってきたらカデンヅァの部分を仕上げて終了、という予定になっています。なかなか弾きごたえのある曲で、とっても気に入っています。2台ピアノで弾くという経験も初めてで、いろいろと勉強になります。
Commented by piano_lessons at 2016-11-16 13:18
> mamechobiさん
mamechobiさん、コメントありがとうございます!
本当に、生演奏が一番ですよね。本当に感動しました。
もっとちょくちょくこういうコンサートに行けたらなぁ〜!