<   2015年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

練習開始から4日

さて、ピアノの練習を開始、といっても、どれぐらい時間が取れるのか、どれぐらいで弾けるようになるのかもわからない暗中模索状態。

昨日で4日終了。週末を挟んだので、わりとピアノに向かえたかな。週末は1日2〜3時間ぐらいは弾いていたはず。昔はピアノの練習といえばやらされている感がいっぱいで、3時間とかしんどかった覚えがあるのだけど、今は練習をするのが楽しくて、時間が経つのがあっという間。仕事も家事も育児もなければ、一日中弾いていたい!

過去4日でしたこと
ハノンを8番ぐらいまでしっかりと弾く
ブルグミュラーを1番から12番まで練習

ハノンもスケールやアルペジオではなく最初の方からしっかりやり直し。それでも、実際に弾いてみると左手が弱くて、ちゃんとリズム通りに弾けていなかったり、そもそも指が回らなかったりして、ボロボロな感じ。なのでゆっくり確実に、と練習中。

ブルグミュラーは12番の「別れ」まで到達。まだ11番のせきれいと12番の別れは練習中。11番もまだつっかからずに最初から最後まで弾くところまで到達していない。そして12番はまだ指定テンポまで行っていない。今日も時間があればこの2曲の練習予定。ブルグミュラーは譜読みの練習にもなるし、とにかくリハビリ、と思ってじっくりと向き合っています。なにより、練習曲とはいえ、ちゃんとタイトルのついた曲たちなので、イメージも持ちやすいし、とにかく1曲弾き終えられた満足感があり。

e0350178_00080349.jpg















今は便利な世の中。まずはYouTubeでブルグミュラーを検索して、曲を弾く前に曲を聞いています。すると曲のイメージとかがつくし、なにより譜読みが楽になります。ここまでは簡単な曲が多かったから、譜読みもそんな大変でもないし、何日かピアノの練習をしていると、譜読みも指の動きもよくなってきた。難しいところは何度も練習して、すると自然と指が覚えてきて、弾けるようになる。

ブルグミュラー25の練習曲の動画

なんて書いているけど、今は指数関数的に上達が感じられるからこんなにも楽しいのかも?昨日は弾けなかった曲が今日は弾けるようになる。すごい気持ちがいい。このモチベーションが続くのかどうかもまだ謎だしね。

さて、このブルグミュラーを1冊仕上げるのにどれぐらい掛かるかな?他にもいろいろな曲を弾いてみたい気持ちはあるのだけれど、まずはこれをじっくり仕上げる予定。その後はその時点でまた考えようと思っています。手堅くいくなら、ツェルニー30番とバッハのインベンションか。

ピアノブログランキングに参加してみました。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村


[PR]
by piano_lessons | 2015-06-30 02:25 | 1年目つれづれ | Comments(0)

のだめカンタービレ

ピアノに関する情報をいろいろ集めていて目に付いたのがドラマ「のだめカタービレ」。これにハマって2日ぐらいで全部見ました。
e0350178_03513746.jpg



























むっちゃ面白い!というのが素直な感想。しかもいろんなオーケストラ曲、ピアノ曲が出てきてとにかくいい。それでもやっぱり思ったのは、私はピアノ曲が好き。オーケストラもいいけれど、ピアノの音色がとにかく心地よい。なので、このドラマにむちゃはまりして、それでも再び見るのはピアノ曲のシーン。そんな大ハマりした影響で、スペシャル篇でのだめのピアノを弾いているLangLangのCD買ってみたり。

「あ〜、こんなの弾けるようになりたい!」という気持ちが強くなり、しっかり練習しよう!という後押しにもなりました。今まで聞いたことのなかった曲もいっぱいあるし、いい刺激になったドラマ。

ということで、目標はやはり
モーツアルトのピアノソナタ第17番K.576第一楽章

昔取った杵柄。これぐらいなら弾ける気がする(なんて大きなことを言ってみましたが、現実は厳しい。しーっかり指のリハビリをしてからね)。どれぐらいでここまで到達するのか、お楽しみに。

[PR]
by piano_lessons | 2015-06-30 01:44 | 1年目つれづれ | Comments(0)

そしてピアノ練習再開〜楽譜選び

我が家にピアノがやって来た♡と喜んだものの、さて、何か1曲弾いてみようか、と一冊だけ手元にあったピアノの本、ショパンのワルツ集を開いてみたら、さっぱり指が動かない〜(涙 それだけではなく、楽譜読みすら危うい。特にへ音記号の加線とかボロボロ。これがブランク20年以上の現実か…

で、この際なので、ちゃんと練習をしようと早速ネットで昔弾いた練習系の本をポチポチと購入。買ったのは、

ハノンのBook IとBook II(やはりこれなしではねぇ)
e0350178_01203247.jpg



















チェルニー30番
e0350178_01213510.jpg



















バッハインベンション
e0350178_01221218.jpg



















まずはハノンで指の慣らしをして、ツェルニー30番ぐらいから始めようと思ってこれらを買ったのですが、いろいろ調べてみると、やっぱりブルグミュラーあたり、指定テンポで弾けるぐらいにしっかり練習してからにしようと思い直し、こちらも追加で購入。

ブルグミュラー25の練習曲
e0350178_01243491.jpg



















全部実家にはあるはずなんだけど、送ってもらうのも大変だから、と新たに購入。これが届いたらしっかり練習しよう!というのが先週のお話。

[PR]
by piano_lessons | 2015-06-30 01:28 | 1年目つれづれ | Comments(0)

ピアノが我が家へやってきた

ピアノを購入するきっかけになったのが、お友達からのピアノを売るという話でした。遠方へ引越しをするため、ピアノを売りたいというお友達のお話を聞きつけ、興味を持ちました。前からピアノを買いたいね、と夫と話をしてはいたので、話を聞いたのですが、聞いたことのないメーカーのピアノでした。夫の親戚にプロの音楽家がいるので意見を聞いてみると、やはり無名のメーカーのピアノは値崩れはするし、音崩れも早いとのこと。

で、義兄勧められたKawaiのピアノでした。ピアノって、絶対生活に必要なものでもなく、特に買う強い動機もなかったので、今まで買わずにきたのですが、いい機会だと思ってピアノを購入を検討することに。

私は日本ではYamahaのグランドピアノを弾いていたので、Yamahaの方がいいかな、と思っていたのですが、いろいろ調べてみると、響板とハンマーのフェルトの違いが大きな違いで、Yamahaは響板が薄く、フェルトも固めなのではっきりとした明るめの音、一方Kawaiは響板が厚め、フェルトも柔らかめなので、しっとりとした深めの音となります。個人の好みですが、私が住んでいる国ではKawaiの方が断然人気のようです。となると、もしもやはりピアノはいらない、となった時に売りやすい、値崩れしない、などの大人の事情で、Kawaiのピアノに決めました。

で、せっかくなので、とKawaiのディーラーを探し、ピアノを見に行ったのが2週間前。そこでアップライトのKawaiをいろいろ見せてもらい、そこで勧められたK-5に即決。この時点では全く前知識がなかったのだけど、ネットで調べてみるとやはりKawaiはK-5以上がいい、ということで納得のチョイスとなりました。

それから1週間ちょっとで我が家へ届いたKawaiのK-5
e0350178_00055111.jpg




















こうしてピアノから遠ざかってかれこれ20年以上の年月を経て、再びピアノが家にある生活になりました。

[PR]
by piano_lessons | 2015-06-30 01:05 | 自己紹介 | Comments(0)

ピアノ歴など

ピアノを習っていたのは遠い遠い記憶の彼方…

たしか3歳ぐらいから姉のピアノのレッスンについていくようになって、自分もしたいと習い始めたのがきっかけ。

それから約12年間ほど習いました。先生に進められて音大付属の音楽教室にも小学校5年生から通い始め、中学3年生まで在籍。そこの同級生は全員もれなく音高へ進学、というような環境の中、受験のための課題曲だけを延々と引き続ける日々が嫌になり受験直前に急に進路変更して普通校へ進学、それ以来ばったりとピアノをやめてしまった私。大学も全く畑違いの分野へ進みました。

それから20数年、ふとしたきっかけでピアノを購入したら、急にピアノの音色に引き込まれ、それと同時に見たのだめカンタービレにまたどっぷりはまり(今更?)、また昔ぐらいのレベルまでは最低でも弾けるようになりたいなぁ、と思っているところです。(半年ぐらいでほぼ戻ったと思います!今は、子供の時に到達することのなかったレベルの曲、ショパンのバラードやソナタ、ベートーベンの後期ソナタ、様々なピアノ協奏曲等、音大生が課題にするような曲まで弾けるように、というのが目標です。)

現役時代の練習曲は
メトードローズ(懐かしい!たしかに見覚えがあるこのオレンジの本)
e0350178_23354077.jpg












バーナム(またまた懐かし!表紙のかわいい絵が好きでした)
e0350178_23380149.jpg















ブルグミュラー25番(これも懐かし、全音のカバー)
e0350178_23384479.jpg













Poco a poco(かきながらおぼえる楽典)
The Music Tree
こどものバイエル
バイエル
チェルニー100番(やったと思うけど記憶が微妙)
ソナチネ
ハノン(継続的に長い間やってました)
チェルニー30番、バッハインヴェンション
チェルニー40番、バッハシンフォニア
チェルニー50番、バッハ平均律

最後のチェルニーは50番の前半で止まってしまったはず。バッハ平均律も数曲弾いたのみ。これに、モーツアルトやベートベンのソナタをいろいろ(おそらく初級〜中級の優しいものが主だったと思います)、ショパンのワルツを5曲ぐらい、メンデルスゾーンの無言歌集などなどを弾いていた覚えがあります(他にもいろいろ弾いたと思いますが、覚えていません…)。音楽教室の年2回ある公開実技試験のために弾いていたものがほとんど。でももうそれも遠い記憶の彼方…

20数年というものすごいブランクを経てピアノを再開。これから、生涯の趣味としてピアノと向き合えたらなぁ、と思っているところです。

[PR]
by piano_lessons | 2015-06-29 13:44 | 自己紹介 | Comments(4)

初めまして

初めまして。

まずは自己紹介から。
アラフォーのワーキングマザーのRobertoです。

ピアノを買いたいねぇ、と言っていたものの、ピアノってどうしても必要な物でもないし、高価な買い物だし、となかなかきっかけがなかったのですが、ふとしたことから、トントン拍子にピアノ購入話が進み、我が家にピアノがやってきました。

とまぁその話はまたゆっくりと別にするとして。

このブログ、2○年のブランクを経てピアノの練習を再開したアラフォーママのピアノ練習の記録のためのに始めました。これから毎日の練習をここに簡単に記していけたら、と思っています。

Roberto

[PR]
by piano_lessons | 2015-06-29 13:13 | 自己紹介 | Comments(0)

アラフォー、20年のブランクを経てピアノを再開したRobertoです。練習記録のためのブログ。


by Roberto
プロフィールを見る
画像一覧