<   2015年 07月 ( 20 )   > この月の画像一覧

Natalie Schwamova

Natalie Schwamova
(1999 August-)

チェコはプラハ生まれのピアニスト。5歳から聞いた曲を即興でピアノを弾くようになり、6歳にしてPrague School of MusicにてLibuse Ticha氏に師事。10歳でモーツアルト協奏曲20番(K. 466)を1200人以上の観客の前で演奏し、演奏会デビュー。それ以来数々のコンクールで優勝、250以上のコンサートをこなしている。昨年、2014年にはスメタナ国際ピアノコンクールの30歳までのカテゴリー(このコンクールにて最年長のカテゴリー)にて2位を勝ち取った。現在プラハのUniversity of ArtsにてFrantisek Maly教授に師事。

このとっても若いピアニスト、モーツアルトのキラキラ星変奏曲の動画を探していて見つけました。とにかくものすごい上手い。しかもものすごく楽しそうに、優雅に、時に悲しげに弾くこのキラキラ星変奏曲に素直に感動。こんな風に弾ける日がくるといいなぁ(遠い目

モーツアルト キラキラ星変奏曲(11歳の時の演奏)
(ブログ貼り付けができないので、リンクにて)

彼女、今年のショパンコンクールにも出場中。是非注目したい若手のピアニストです。


[PR]
by piano_lessons | 2015-07-25 01:06 | ピアニスト | Comments(0)

練習開始から4週間2日

今日でちょうど練習開始から1ヶ月。やはり最初の1~2週間ぐらいの急激な変化からは緩やかになってきて、なかなか練習も進んでません(汗

昨日の練習
ハノン21番〜31番
ブルグミュラー25番
モーツアルト キラキラ星変奏曲 K.265

ハノンは31番まで。全部を練習しているわけではなく、ぼちぼちと苦手な番号を練習。楽譜に日付やスピードを書きながら進めています。あとは音階もかわらずぼちぼちと弾いています。

ブルグミュラーはどうしても弾きたくて25番。最後の一曲。指定スピードまであとすこしというところまできました。この曲は大好き。弾いていて楽しくなるし、テクニック的にもブルグミュラーの中では集大成らしい一曲。最後の音階が綺麗に揃わずに苦労中。最後の一曲とは言いましたが、まだ実は22〜24番が終わっていません。こちらもぼちぼち。

で、今日の本題のモーツアルト。やっぱりこの曲すごーく難しい。小学生高学年ぐらいで弾いた覚えがあるこの曲、むっちゃ難しいやん!と苦戦中。一つ一つの変奏曲、ものすごいいろんなテクニックが散りばめられているし、ちょっとでもミスするとすぐわかる。この曲を弾き始めて、左手の2と5の指を広げる事が結構あって、左手の2の指の筋肉が筋肉痛(苦笑 筋肉もまだまだヨワヨワですね。なにせ指を横にパーっと広げるなんて、ピアノ弾いてないと必要ないものね。ただいま変奏曲の7番目まで譜読みをなんとか済ませたところです。でも、この曲を綺麗に弾けるようになると、技術的にもすごい飛躍しそうな気がするので、しっかり練習しようと思っています。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
[PR]
by piano_lessons | 2015-07-25 00:27 | 1年目つれづれ | Comments(4)

練習開始から3週間4日

週末は夫が風邪でダウン&娘も発熱でダウンという状態で、あんまり練習できず。

昨日の練習
ハノン21番〜26番
ブルグミュラー18番〜23番
ショパンワルツ第3番、第9番
モーツアルト キラキラ星変奏曲 K.265譜読み少し

ハノン、21番以降の乗っているBook IIに入りました。この辺を弾いているのプラス音階もぼちぼちとやってます。ブルグミュラーは譜読み23番まで終了。あと2曲の譜読みで終了!とはいえまだまだ練習中の曲がいっぱい残ってます。できれば1ヶ月でブルグミュラーを終わらせたいなぁ、と思っているので、譜読みだけは今週中に終わらせて、しっかり弾く練習はしつつも、そろそろツェルニー30番に移りたいなぁと思っているところ。

ショパンは、忘れないようにあっさりと1回ずつ弾いたのみ。で、モーツアルトのキラキラ星変奏曲にちょっと手を出す。主題プラス12の変奏が続くこの曲。毎日1つ2つずつ変奏部を練習できたら、1週間ぐらいで譜読みが終わるかな、と思っているんだけど。なんか、中途半端に手を出している曲が増えている気もしつつ…

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
[PR]
by piano_lessons | 2015-07-20 23:03 | 1年目つれづれ | Comments(0)

ダニエル・バレンボイム

ベートーヴェンソナタの演奏動画を探していて出会ったのがこの人↓

ダニエル・バレンボイム
(Daniel Barenboim 1942/11/15-)
アルゼンチン出身のユダヤ人ピアニスト・指揮者。5歳の時から両親にピアノを習う。両親のほかにピアノの指導は受けていない。少年時代から音楽の才能を表し、1950年8月、まだ7歳のうちにブエノスアイレスで最初の公開演奏会を開いてピアニストとしてデビュー。21歳でベートーヴェンのピアノソナタの全曲を公開演奏。ピアニストとしての名声を確固たるものとした後、1966年に指揮者デビュー。卓越した音楽能力を発揮し、現在では世界で最も有名な辣腕指揮者の一人として知られる。現在ミラノのスカラ座、ベルリン国立歌劇場、シュターツカペレ・ベルリンの常任指揮者。常時暗譜でのピアノ演奏できる曲目は300曲を超えると言われている。(Wikipediaより抜粋)

ピアノは超一流、そして指揮者としても!すごいですね。のだめカンタービレの千秋も真っ青!?(←テレビの見過ぎ…)

彼の演奏するベートーヴェンソナタにはうっとりです。
ベートーヴェンソナタコンサートより


2016年2月には日本でのコンサートが開催されるようです。いいな〜、日本にいたら絶対に見に行きたかった。


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
[PR]
by piano_lessons | 2015-07-16 23:24 | ピアニスト | Comments(0)

練習開始から2週間4日

昨日の練習
ハノン
ブルグミュラー16番〜20番
ショパンワルツ第1番「華麗なる大円舞曲」

ハノンは引き続き左手(3-4-5)を重点的に強化、ということで9~11番付近を中心に弾く。やはり左手薬指がピクピクとなります。「左手薬指 ピアノ」など検索すると、いろいろ出てきます。薬指は小指と筋肉がくっついているので、独立して動かすのは難しい指だそう。指を痛めない程度に、しっかりトレーニングをしようと思います。

不定期雑記より〜大人レスナーへのピアノ入門法思案その2

ブルグミュラーは20番まで譜読みをしました。とはいえ、10日ほど前に一度この辺まで弾いていたので、それほど時間もかからない。今日はブルグミュラーがメインで練習したので、だいぶ進んだ感あり。とはいえまだクリアしていない曲もちらほら。

ショパンワルツ第1番。こちらは子供が寝てから40分ぐらいだけ。ブルグミュラーに比べてずっと動きが多いので、練習後、左手がちょっとぐったり気味です。やはりもうちょっと基礎体力をつけてから練習したほうがいいのか…


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
[PR]
by piano_lessons | 2015-07-15 23:15 | 1年目つれづれ | Comments(0)

練習開始から2週間3日

昨日は全部で2時間半ほど練習ができました。いつもの2時間プラスブルグミュラーを1番から通しで17番まで。ブルグミュラーはかなりしっかり練習しているので、ずいぶん弾けるようになってきました。今だに苦手なのは7番。まだこれはうまく弾けていません(泣

昨日の練習
ハノン20番まで
ブルグミュラー1〜17番
ツェルニー30番練習曲1番
ショパンワルツ第1番「華麗なる大円舞曲」、第3番、第9番

ハノンを指定スピード、メトロノーム付きでリピートも含めて弾くと、特に左手薬指、小指がヘロヘロになってる。なので、左手(3-4-5)の強化を特にするようにしています。ブルグミュラーも大分弾けるようになってきました。これをちゃんと終わらせたら、ツェルニーとバッハインベンションを始める予定。これもまた楽しみ。

弾きたい曲リスト
モーツアルトピアノソナタ11番
アマデウスの影響でモーツアルト1曲弾きたい!と思っているところ。トルコ行進曲を含むこのソナタ、昔全楽章弾いた覚えがあるし、いい指の練習になるかな。ま、楽譜も手元にないので、まだ未定。


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
[PR]
by piano_lessons | 2015-07-15 06:09 | 1年目つれづれ | Comments(0)

アマデウス

週末夜に見た映画「アマデウス」(ディレクターズカット)
e0350178_00014659.jpg
































あらすじ
1823年11月。凍てつくウィーンの街にその叫び声は響いていた--「許してくれ、モーツァルト! 私が君を殺したことを!」そして老人は自殺を図り、雪の降りしきる街を病院へと運ばれた。彼の名前はアントニオ・サリエリ。かつてウィーンで最も尊敬された皇帝ヨゼフ二世に仕える宮廷音楽家であった。やがて、彼の人生のすべてを変えてしまったひとりの天才の生涯を語り始める。そう、若くして世を去った天才音楽家ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトについて—。(amazonより)

いやー、すごい映画。モーツアルトの自由奔放ぶり、そしてサリエリの苦悩。モーツアルトのキャラクターに関しては、ちょっとやりすぎかな?とは思うけれど… とにかくすごい!の一言。サリエリ役のMurray Abrahamはこの映画でアカデミー主演男優賞を獲得しました。本当に確信の演技。モーツアルトの音楽がたっぷり聞けるし、本当にオススメ。

[PR]
by piano_lessons | 2015-07-14 00:24 | 音楽映画 | Comments(0)

練習開始から2週間4日

週末はイベントづくしで思うように弾けなかった。ま、そんな週末もあるある。

ということで昨日の練習
ハノン20番まで
ブルグミュラー12〜16番まで
ショパンワルツ第1番「華麗なる大円舞曲」

週末はしっかりハノンとブルグミュラーに力を入れました。ハノンは私の持っている本だと20番ずつ3冊に別れているので、1冊目を最後まで。プラス少しだけ39番の音階を少し練習。楽譜に日付と弾いたスピードやメモ(左手が弱いとか揃っていないとか)を書き込むようにしたら、昨日どこまで練習が進んだのかが一目でわかっていい。

ブルグミュラーも同じようにどのスピードで最後までちゃんと弾けたか、などなどのメモを書き込むようにしています。指定スピードまで行ってない曲もいっぱいあるので、まだまだ練習が必要。

ショパンのワルツの第3番と第9番はやや停滞中。1〜2回通しで弾いたのみ。そして第1番「華麗なる大円舞曲」にちょっと手を出す。これは昔弾いた曲なので、3番や9番に比べるとずっと難しいけれど、すごいもので、なんとなく手が覚えている!指使いもちゃんと覚えている。20年以上昔の記憶、ちゃんと残っているものなのね。明るくて元気になる楽しい曲。しかも弾きごたえがあっていい。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
[PR]
by piano_lessons | 2015-07-13 23:58 | 1年目つれづれ | Comments(0)

練習開始から2週間1日

ピアノを弾き始めて2週間と1日。確実に2週間前よりはずーっと指が動くようになってきました。とはいえまだまだ長い修行の日々です。

昨日の練習
ハノン19番まで(1番から弾いているわけではないです)
ブルグミュラー8番〜10番
ショパンワルツ第3番と第9番
ベートーヴェンソナタ第8番「悲愴」第二楽章

またまた次へ進みたいという気持ちと、まだうまく弾けていないという気持ちの堂々巡り。ブルグミュラーも、ショパンも、一応楽譜を見て弾けるから、もっといろんな曲を弾いてみたい、という思いがあったり、いやいや、ネットで聞いたルビンシュタインの演奏みたいに、もっと表現力をつけて、曲の中の盛り上がり、抑えるところ、いろいろ真似して練習しなきゃ、という気持ちが行ったり来たり。

で、つい誘惑に負けてベートーヴェンに手を出してしまいました。16小節目までの第一主題をゆっくりと譜読み。泣ける旋律。本当に綺麗な音楽。作曲されたのは1798年。このころ、ベートーヴェンが難聴を自覚した時期。音楽家として致命的な難聴を患ったことによる深く大きな悲しみを楽曲に込めたこのピアノソナタ。これを綺麗に旋律を聴かせるように弾けるといいなぁ。3声からなるこの主題、綺麗に弾けるようになるには修行が必要。やっぱり古典のバッハは欠かせない?聴くだけなら簡単そうなこの曲、かなり難しい!9度(オクターブ+1音)のところが、指を限界まで伸ばしてなんとか。手がつりそうになるよ。

ああ、やっぱり私のピアノをしっかり指導してくれるような先生に巡り会いたいなぁ。そしたらこういう堂々巡りの気持ちと決別できるのか。そもそも2週間足らずでこんなに迷いが出るっていうのも…焦りすぎよね。修行が足りてないんだよな、きっと。と、ここに書いているとちょっと気持ちが落ち着いてくる。やっぱり練習曲の指定テンポ、これをしっかり守って地道にコツコツですね。頑張ろう。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
[PR]
by piano_lessons | 2015-07-11 04:15 | 1年目つれづれ | Comments(0)

ピアノ曲選び

まだまだピアノを再開してたった2週間。弾ける曲も限られているけれど、それでもやっぱり弾きたい名曲たち。ということで、弾けそうな曲選びを楽しんでいるところです。

ピアノ曲といってもものすごい数あるので、やみくもに探すのも大変、ということでインターネットでいろいろと検索させてもらっています。あんまり大きなリストだと、そこから選ぶことすら大変なので、難易度別に選べて、そこそこの曲数が載っているサイトを参考にしています。

ピアノ初心者のための初見の天才になれる方法より

ショパンのみですが…
ショピニストへの道〜ショパンを極めよう〜から

あるぺじおドットコムより


ここから曲名や作品番号を検索して動画で実際の曲を聞いてみる。弾けそうか、自分の好みの曲か、なんてのを調べて次弾く曲をあれこれ妄想中。ベートーヴェンの悲愴、第二楽章を弾いてみたいなぁ、と思ったり(のだめの見過ぎ)、それより先にショパンの華麗なる大円舞曲を弾いてみようかな、と思ったり。曲選びは楽しい!


[PR]
by piano_lessons | 2015-07-10 02:57 | 1年目つれづれ | Comments(0)

アラフォー、20年のブランクを経てピアノを再開したRobertoです。練習記録のためのブログ。


by Roberto
プロフィールを見る
画像一覧