「ほっ」と。キャンペーン

レッスン8回目

3週間ぶりのレッスンへ行ってきました。

emoticon-0171-star.gifベートーヴェン ピアノソナタ第8番「悲愴」 第3楽章
初めて最初から最後まで弾きました。で、先生は「まだちょっと問題のある箇所はあるけれど、かなりのスピードで弾けることは分かった。でも、スピードだけで弾くには5分という曲は長すぎるよ。観客はすぐに飽きてしまう。もっとここからどう音楽性を高めれるかを見せて欲しい。」との感想。

で、最初から弾きながらいろいろアドバイスをもらいました。まずは冒頭3小節目のスタッカート部分。ちょっとゆっくりに。12小節目の右手のBフラットにアクセント、でもまだここは優しく、で、14小節目の右手オクターブのCはおもいきり、さらに16小節目はもっと思い切り振り下ろす。25小節目からのdolce、ゆっくりめに優しく弾く。そこから33小節目からは一気に駆け抜ける感じ。41小節目でまたゆっくりやさしくモーツアルトみたいな弾き方。51小節目からはまた駆け抜ける。

98小節目からのスタッカート、手全体を使って弾いてるからスピードが出ない。指だけで弾く。これは、Horowitzのスケールの練習を、スタッカートでやるのが効果的。107小節目からの両手の掛け合い部分は最初はずーっとソフトに開始して、どんどん畳み掛けるようにクレッシェンドを効かせて。最後のスケールで駆け下りてくるところは、指はしっかりリラックスしながら大きな音を出すには、ちょっと手を上にあげて肩から鍵盤をぐっと押し込む感じで。

121小節目からの再現部。これで3回目の登場だから、弾き方をちょっと変える。最初の2回でゆっくりにした124小節目のスタッカート部はスルーして早く弾く。で、その後125小節目でちょっとゆっくりに。128小節目からはベートーヴェンっぽい重厚な感じで重く。で、すっとdolceにまた戻る。151小節目のスタッカート、"Extreme"に。テンポもゆっくり、ゆったりと聴かせる。その後もゆっくりテンポのまま、綺麗に聴かせる。171小節目からの再現部、これで4度目。また弾き方を変える。176小節目までは一気に弾いて、177小節目で一息。ゆっくり。189小節目からの弾き方はすごくいい。クレッシェンドでどんどん盛り上げる。最後208小節目の最後の右手から、一気にスピード出して駆け抜けでジャーン!で終わる。

あ〜、ものすごい指摘の数ですね(汗 でも、先生に笑顔で「来週は第二楽章から通しで、むっちゃ素敵な演奏を聴かせてね!」って言われました。あ〜、やっぱりレッスンに来るといろんな意味で曲の理解度が増すというか、何を練習すればいいのかが明確になるというか。すごくいい!

そして、あと1週間がっつり練習した後は、第一楽章に入る前に、ちょっとだけ休憩、ということで、ドビュッシーに戻り、弾きたい!と思っていたあの、ベルガマスク組曲のプレリュードをやることにしました。なによりベートーヴェンの重たい感じの曲を聴かせつづけさせられている夫への、ちょっとした思いやり、って感じ?(笑

さ、また次のレッスンまでしっかりピアノと向かい合いたいと思います。



[PR]

by piano_lessons | 2016-03-31 12:18 | レッスン記録 | Comments(0)

ベートーヴェン悲愴の動画

この間、第二楽章のいろいろなピアニストの動画をアップした時に、Music Diaryのまきこさんが教えてくださった(ありがとうございます!)、Alfred Brendelの演奏する悲愴にfall in loveなのです♡ ちなみに第三楽章は15:03からです。

BRENDEL, Beethoven Piano SOnata No.8 in C minor, Op.13 "Pathetique"

本当に素晴らしい演奏で、メリハリがあって、メロディー聴かせるところはきっちり聴かせてくれて、すごーく綺麗で、ほんとうに素晴らしいんです。何度聴いても聴き飽きることがありません。悲愴3楽章、ちゃんと最後まで弾けるようになったけど、こんな風に弾けるようになりたい!まだまだ練習あるのみですね。頑張ろう!

あ、ちなみに明日は3週間ぶりのレッスンです!



[PR]

by piano_lessons | 2016-03-30 12:34 | 1年目つれづれ | Comments(4)

悲愴第三楽章 練習状況3

一週間ほどピアノ休憩モードに入っていたんですが、そろそろちゃんと弾いておかないと、と週末はわりと長時間弾いていたので、ようやく譜読みも完全に終わりました。これまでゆったりとした曲が多かったので、ちょっと心配していた体力的には、最初から最後まで通しで弾いても疲れることはなし。まぁ第一楽章ほどはハードではないからなんでしょうけど。第一楽章は左手が不安だわ。。

ということで、今はツメが甘い場所の部分練習をボチボチとしながら、あとは同じような部分をまとめて練習、という感じの練習をしています。冒頭のロンド主題、61小節目から、120小節目から、そして171小節目からをまとめて練習。そして25小節目から+134小節目からをまとめて。まだ弾きたい速度で弾くと崩壊したりする場所がちらほらとあるので、その辺をもうちょっと弾きこまないとダメだなぁ、という感じですが、次のレッスンまでまだあと10日ほどあるので、それまでにはもうちょっとマシな形にまで仕上がるかな?という感じです。

いやー、なかなか弾きごたえのある、そして面白い、そしてとってもベートーヴェンっぽい曲です。通しで最後まで弾けるようになって、練習が楽しい日々。



[PR]

by piano_lessons | 2016-03-22 02:00 | 1年目つれづれ | Comments(0)

悲愴第二楽章の演奏動画

自分の目指す演奏を探すため、いろんなピアニストの演奏動画を探しています。まずは以前にもリンクをした私の大好きなバーレンボイム様。

Daniel Barenboim Beethoven "Pathétique" (complete)
第二楽章は10:03から。

そして次に私が気に入っているのが、Horowitzの演奏する第二楽章。すごーく優しい演奏。

V. Horowitz - Beethoven: Sonata No.8, Op.13 'Pathetique' - Adagio cantabile

そしてWilhelm Kempffの演奏。
Beethoven Sonata No. 8 'Pathetique' Mov. 2 - Wilhelm Kempff

ベートーヴェン悲愴、皆さんのオススメのピアニストがいましたら是非教えてください!あ、第三楽章も募集中です。



[PR]

by piano_lessons | 2016-03-21 02:00 | 1年目つれづれ | Comments(2)

ピアノの調律

先日、ピアノの調律師さんに来てもらいました。前回調律に来てもらった時は夫に対応してもらったので、今回初対面でした。

まずは、一番の懸案事項だった、ペダルのきしみをまずは治してもらいました。静かな曲を弾いている時にペダルを踏むたびにキシキシと軋む音がすごく気になっていたので、この音がなくなってすっかり。と思いきや、調律後2週間ぐらいたってまたちょっとたまにキシみ始めました…調律師さんも、とりあえず応急処置っぽことをしただけなので、また軋み始めたら連絡して、と言っていたし、ま、まだそんなに気になる程度ではないので、ひとまず様子見中です。

そして、調律。私の住むテキサス南部は、湿気がすごく高い土地なので、やはり湿気の変動で弦が伸び縮みするらしい。ということで、調律してもらうと、今まで微妙に幅があった音が、シャープな音に揃う。ん〜、全然音狂ってないと思っていたけれど、やっぱりこうやって調律してもらうと、音がすっきりする。すごいなぁ、調律って。

ピアノのカバーってあっさりと簡単に取れるものなのね〜。
e0350178_23480967.jpg















調律師さん、ピアノもとってもお上手。バッハとスクリャービンが大好きなんですって。調律後数曲スクリャービンの曲を弾いてくださいました。すごーく素敵でした。いつか私も挑戦してみたい!


[PR]

by piano_lessons | 2016-03-19 22:00 | 1年目つれづれ | Comments(2)

動画:Beethoven Piano Sonata No. 8 Op. 13 (Pathetique) 2nd movement

悲愴の第二楽章、練習開始して3週間が経ちました。第三楽章も練習しているので、1曲集中型ではなく、どれぐらい進歩しているのかちょっと微妙ですが、現時点での演奏をアップしておきます。

Beethoven Piano Sonata No. 8 Op. 13 (Pathetique) 2nd movement

こうやって聴いてみると、いろいろと改善点が見えてきます。やっぱりもうちょっと旋律を綺麗に聴かせたい。38小節目からの左手のスタッカート部分がやっぱりぎこちない。主題再現部直前、48小節目と49小節目の左手、もっと聴かせる。最後4小節、もうちょっと丁寧に。なんて、そんな状態でアップロードもどうかっていう話もありますが…まぁでも自分の中ではわりと気持ち良く弾けているので、許してください。こうすればいいよ〜、などの改善点、ご指摘、大歓迎です。



[PR]

by piano_lessons | 2016-03-18 04:00 | 動画 | Comments(8)

春休みモード

今週は春休み。レッスンも再来週までなし、という事で、のーんびりモードが続いています。

悲愴第三楽章の譜読み、残っていた3ページ中まだ1ページしか終わっていない。今週末ぐらいには残りの2ページ終わらせておきたいな、と思いつつ、毎週レッスンがある時と比べて、全然モチベーションが足りない(汗 いつもは、全部で5ページぐらいあるなら、毎日1ページ、土日はちょっと多めに譜読み、それを月〜水で練習して、そこそこ弾けるようにしてレッスンへ、そんな1週間なんですけどね。

ま、レッスンを開始して2ヶ月近く、今までになく真剣にピアノに取り組んできたので、ちょっと休憩。綺麗な第二楽章を毎日1回は弾いて、あとはすこしだけ譜読み、そんな毎日です。ま、春休み中に第三楽章を通しで弾けるようになったら、次はいよいよ第一楽章が始まるので、その前のちょっとした休息かな、と思っています。あっ、オクターブの練習もしなきゃ…(汗

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

[PR]

by piano_lessons | 2016-03-17 02:12 | 1年目つれづれ | Comments(4)

レッスン7回目

すっかり更新が遅くなりましたが、7回目のレッスン行ってきました。

emoticon-0171-star.gifベートーヴェン ピアノソナタ第8番「悲愴」 第2楽章
弾き始めてすぐに止められました(汗 「覚えてる?無駄な音なんてないんだよ。君ならもっと弾けるはず!」ということで、弾き直し。しっかり気持ちを込めて、一音一音を大切に。すると「ずっとよくなった」とのコメント。先生に「最初の弾き方と、今の弾き方の違い、分かるでしょ?」と言われ、たしかに全然気持ちの入れようが違いました。最初から最後まで曲を集中して感情を込めて弾くのは大変な事だよ。だけど気持ちがちゃんと入っていないとすぐ音に出るからわかるとの事。レッスン2回目にして、なんとなくこの曲が掴めてきた感じ。

emoticon-0171-star.gif「悲愴」第3楽章
まだ全然弾きこめていないので、冒頭からかなりボロボロな感じに。先生が、「そんな早くに弾かなくていいんだよ。」ということで、最初から弾き直し。ん〜、まだ全然だめ。

まずはメリハリが全然足りないとの事。アクセントをつけるところ、ちょっとテンポを遅くするとか、早くするとか、強弱のメリハリが必要。第3楽章は、うまく弾かないとものすごく退屈な曲になるよ、との指示。
79小節目からの弾き方、全然分かってないでしょ〜、との鋭い指摘。バッハっぽく、2声→3声と深みを増すように、そう思いながら弾いていたんだけど、先生曰く、「これはベートーヴェンによくあるジョークみたいな部分だよ。」え〜、そうなの〜?ということで、解説。79小節目、まずは綺麗なハーモニーで始まるのだけど、81小節目の左手B♭で均衡が崩れる。左手が右手に対して一発目のジャブを入れる感じ。で、微妙にまたハーモニーが戻るのだけど、そのお返しに今度は右手のジャブが入ります。83小節目の右手Cと84小節目のB♭。そのお返しに今度は左手から2音での攻撃(87小節目から)。次は右手からオクターブでの攻撃(91小節目から)。車で子供二人が指で相手をpokeし合ってるみたいな感じ。で、最後は全く別のものが現れて別のシーンへ移っていく(98小節目から)。で、この片手ずつのスタッカート部分も、基本 音階を上がっていくとはクレッシェンド、下がる時はクレッシェンド。メリハリをつけて。107小節目からの両手の掛け合いは、早く、畳み掛けるように。ちょっとペダル使ってもよし。117〜118小節目のスケールで駆け下りてくるところはとにかく早く、119小節目のジャーン、は思い切り振り下ろす感じで迷いなく!

ということで、展開部終了まで見てもらいました。まだまだ弾き込みが足りないし、先生に指摘をされた部分、しっかり自分の演奏になるように頑張ります。あと少しの譜読みを済ませて第3楽章最後まで終わらせる。

ということで、レッスンはスプリングブレイク(アメリカの春休み)に入る+私の所用のため、2週お休みなので、次のレッスンは3週間後。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

[PR]

by piano_lessons | 2016-03-15 12:45 | レッスン記録 | Comments(2)

弾きたい曲:ドビュッシー

ピアノをされている人たちのブログ徘徊で見つけた、絶対に弾きたい曲!ということで、ドビュッシーのベルガマスク組曲のNo.1、プレリュードをあげておきます。

Debussy - S. Richter (Live Moscow, 1979) Suite Bergamasque

この曲すごく素敵!でも、月の光の譜読みが大変だったことを考えると、ちょっと億劫に(苦笑 いや、でもやっぱり次にドビュッシーの曲を弾くときはこれにします。ドビュッシーといえば、子供の領分の中のグラドゥス・アド・パルナッスム博士も弾いておきたいし、やはり喜びの島をいつかは弾きたいものです。

弾きたい曲がいーっぱい。ま、日本女性の平均寿命を考えると、まだ折り返し地点にも到達していない!ピアノも再開してからまだ1年にも達していない。ということで、気長にやっていこうと思います。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

[PR]

by piano_lessons | 2016-03-09 13:00 | 1年目 | Comments(0)

動画:Debussy - Clair de lune (Suite Bergamasque No.3)

週末の間に録画した、ドビュッシーの月の光です。

こうやって実際に録画して自分の演奏を聴くと、ああ、ここはもうちょっと早く次の音に行ったほうがいいなぁ、とか、あ、ここちょっと迷ってる、とかいろいろ指摘箇所が(←やっぱり言い訳)。まぁそれでも、仕上がりに近い感じなので、ひとまずこれをアップロードします。一度動画をアップすると、なんとなく動画をアップする敷居が低くなった気がします。とりあえずいつかもっと素敵な演奏をアップロードすればいいかぁ、なんて将来の自分に託す!(苦笑

一応これ、レッスンではパスしているんですが、まだ暗譜も完全には終わっていないので、まだこの曲も地道に続けたいと思います。やっぱり先生に見てもらって仕上げた曲は、自分で仕上げた曲よりも一歩進んだ仕上がりになるというか、ちゃんと「私のレパートリー曲です」と言って弾ける感じ。ピアノ再開から半年ぐらいで弾いていた曲たちも、どこかのタイミングで、ちゃんと先生の前で弾いて、指導願いたいなぁ、と思っています。

Debussy - Clair de lune (Suite Bergamasque No.3)

ちなみに次の動画はだーいぶん先になりそうですよ。なにせ悲愴ですからね。まだ第二楽章も自分の演奏になっていないし、第三楽章はまだまだ譜読み段階。第一楽章に着手できるのはいつになるかな〜?この段階で第二楽章を録画してみて、仕上がりと比較するという手もありますね。ま、要相談ということで。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

[PR]

by piano_lessons | 2016-03-08 13:00 | 動画 | Comments(0)