練習開始から1週間2日

かわらず隙間時間を見つけてはピアノ弾いています。昨日はちょっと仕事から早く帰ってきたので、4時間弾きました。さすがに4時間越えると、がっつりと弾いた感が。

内容は、のんびりペースでしっかり弾く練習続けています。今ブルグミュラーの5番までしっかり指定テンポで丁寧に弾けるようになったところ。これぐらいのスピードで、ゆっくり1曲ずつこなしていきます。音がバラバラとなるところや、よくつっかえる場所をピックして、ひたすら反復練習。やはりこれをすると手がしっかりと覚えるので、格段に良くなる。

でも、ブルグミュラーだけをじっくりのみでは飽きてきてしまうので、と他の曲も1曲だけ。ショパンのワルツ集から1曲。ゆっくりと譜読みをしているところです。

ショパンワルツ第3番イ短調 No.3 a moll op. 34-2
作曲年 1831年

なんとなく選んだこの曲。譜読み自体が簡単そうだったし、なによりゆっくりのテンポで弾けるので、今の私でも弾けるかな、との選曲。曲自体もすごーく好き。なんともいえない哀愁たっぷりのマズルカ的な曲です。簡単とはいえ、ブルグミュラー25の練習曲に比べるとずっと難しいので、いろんな意味で指のトレーニングにもなっています。


[PR]
# by piano_lessons | 2015-07-04 13:10 | 1年目つれづれ | Comments(0)

メトロノーム購入

メトロノーム、楽譜通り、指定テンポできっちりとピアノを弾くには不可欠な道具。便利な世の中で、"Metronome Online"と検索すれば、いろいろ出てくる。なので、今はまだコンピューターをピアノの上に置いて代用しています。

でもやっぱり欲しい!ということで、購入することにしました。

まずは電子メトロノームとカチカチと棒が左右に触れるものがあります。どちらがいいかは個人の好みですよね。私はやはりカチカチ派。左右に揺れることで視覚的にもリズムを捉えることができるし。なにより電子音よりあのカチカチが好き。そして、チンとベルが入るものもありますが、あれがけっこううるさいなぁと思うので、ベルはなしのタイプとなりました。

e0350178_02190854.jpg




















これが購入したWittnerのメトロノーム。ドイツのメトロノーム老舗メーカーのものです。本当はマホガニー製のMシリーズがいいなぁと思ったけど、倍のお値段!ということで、パッと見だけ木製っぽいプラスチックですけど。型番は804Kです。これで55USドルでした。届くのが楽しみ。それまではコンピューターでしのぎます。

[PR]
# by piano_lessons | 2015-07-03 02:31 | 1年目つれづれ | Comments(0)

練習開始から7日

焦る気持ちからどんどん読み進めたブルグミュラー25の練習曲。これじゃ、ちゃんと弾けないまま次に進んで、やっぱり中途半端だ!と思い直し、また1番に戻って練習しはじめました。

ということで今日の練習
ハノンを1番〜4番のみ
ブルグミュラーを1番〜3番

今日は苦手な部分の部分練習をしっかり、そしてゆっくりめのテンポから開始して、指定テンポで弾けるまで、しっかり練習しました。部分練習後はインターネットのメトロノームを使ってしっかりテンポも合わせる。メトロノームもやっぱり買わなきゃ。

そして、楽譜をしっかり読む、ということで、楽譜に書いてある標語、きれいさっぱり忘れてしまっているので、全て調べました。

ブルグミュラー1番「素直な心」”Frankness”

Allegro moderato やや快速に、穏やかに早く
dol. e. poco rit. やわらかに少し速度を弱める
dolce やわらかに
e. そして
poco 少し
rit. ritardandoの略 だんだん遅く
a tempo 前の速さで
dim. e poco rit. だんだん弱く、少し速度を弱める

14〜15小節目の右手をしっかり部分練習。標語を調べる前に、メトロノームで弾いていると、どうしても15小節目が遅れる。かなーり意識して早めに弾くようにしてなんとかメトロノームについていく感じ。で、標語を調べて納得〜!そうだよね、ここ、少し遅くなるよねぇ。

ブルグミュラー2番「アラベスク」

Allegro scherzando 快速に戯けるように
leggiero 軽く
dim. e poco rall. だんだん弱く、少し速度を遅くする
dim. diminuendo だんだん弱く
rall. rallentando 少し速度を遅くする
a tempo もとの速さで
risolute 勇壮に

最初の反復記号の直後の左手部分、どうしてもリズムが崩れる。とくにラシドレミのところが。ラシが早くなってドが遅れる。これも指がしっかり動いていない証拠。ここの部分を重点的に練習。こちらもしっかりメトロノームを使って指定テンポまで練習。

ブルグミュラー3番「パストラル(牧歌)」

Andantino Andante(ゆるやかに)より早く
dolce cantabile 優しく、歌うように

この曲は簡単。一番難しいのは装飾音のところ。レーシレ(ファ)ミのところのファが、どうしてもミに比べて大きくなってしまいがち。ここのみの重点練習。まだ、希望の強さにいつもできるまで到達していない。それ以外はテンポもゆっくりなので、特になし。いかにカンタービレで弾くことができるか、という所か。

さて、お気付きの人もいらっしゃるかと思いますが、ritardandoとrallentandoの違いについて。両方ともにだんだん遅くするという意味だけれど、ritardandoは自然と遅くなるという意味で、rallentandoは意識的に遅くするという意味。イタリア語で、遅刻してしまって謝る時に使うのが”ritard”。つまり自分の意思とは反して遅くなってしまった、というニュアンス。で、交通標識でrallentandoとあると、それは徐行という意味。つまり、自らの意思で速度を落とすことを強いられる感じ。これを知って激しく納得。「素直な心」を弾いているときに、どうしてもあの部分が遅くなったからね。ということで、これから標語の覚えなおしもしっかりしていこうと思います。今はなんでもインターネットで調べられるけど、やはり楽典の本も1冊買っておこうかな。

とにかく、練習開始から1週間たった今日、なかなか満足のいく練習ができました。急がば回れ、ということで、じっくりと1曲ずつ向き合って練習します!

[PR]
# by piano_lessons | 2015-07-02 13:53 | 1年目つれづれ | Comments(0)

練習開始から6日

火曜日。今日はあいにくの雨。しかも息子が「ピザが食べたい!」とのことで、急遽ピザのデリバリーで夕食。なので夕食作りも、食後の公園遊びもなしで練習ができました。2時間半ぐらい弾けたかな。

ということで今日練習した曲
ハノン3番〜6番
ブルグミュラーを14番から19番まで

17番「おしゃべり」指定テンポで弾くとかなり早い。譜読みにちょっと時間がかかった。曲自体は明るくてまさに女の子たちが賑やかにおしゃべりしている感じ。

18番「不安」こちらも早い曲。

19番「アベマリア」4声で奏でる曲。弾くのはゆっくりだし簡単。いかに綺麗に弾くかが課題か。

昨日の14番から練習を開始したものの、やっぱり今日も先に進んでしまいました。この辺から指定テンポで弾くには難しい曲になってきたし、これ以降は見開き2ページの長さになるので、残りは1日1曲ぐらいの予定で進める予定。


[PR]
# by piano_lessons | 2015-07-01 14:10 | 1年目つれづれ | Comments(0)

練習開始から5日

月曜日。やはり平日は時間がない。帰宅して夕食作って子供たちに食べさせて、お風呂までの時間で少しだけ練習。子供が寝てからまたマフラーペダルを使って練習。合計2時間ぐらいかな?これで公園遊びでも入れたら、おそらく平日の練習は1時間が限界。でも子供たちは遊びに行きたくてウズウズしている様子。ああ、もっとがっつりと練習したいなぁ。

ということで今日の練習
ハノンを1〜4番のみ
ブルグミュラーの11番〜16番まで練習

ブルグミュラーの13番「なぐさめ」、耳で聞いた感じだとすごく簡単そうだったのだけど、8小節目からの四分音符をテヌートで弾きながらの八分音符の伴奏を同時にこなすのが意外と難しい。保留音の練習、しっかりしないと。というのもまだまだ指が動いていないからよね。

14番「スティリアンヌ」は楽しい曲。こういうテンポのいい曲は好き。

15番「バラード」。暗い…そして和音の連打。疲れる。全体的に盛り上がりに欠けるというか曲構成自体が単純というか、あんまり好きじゃないのでさらっと終了。

16番「甘い嘆き(小さな嘆き)」。ちょっと物悲しい感じの憂いのある曲。ちょっと自分に浸ってる感じがする(苦笑)でも嫌いじゃないわ、この曲。

ここまで弾いて、ちょっと進むスピード早すぎかな?と考え中。やはりもっとじっくり1曲ずつ向き合って、暗譜で間違えずにきっちり弾けるぐらい弾いた方がいいのか、今の調子で、指が動き出すようにいろんな曲を練習した方がいいのか。次へ進みたいと焦る気持ちがあるから、一度満足いくように弾けたらいいか、と次へ進んでしまう。やっぱりちゃんとレッスンを受けに行ったほうがいいのか。でも自分に合った先生と出会うのって難しいよなぁ、とモヤモヤ。

[PR]
# by piano_lessons | 2015-07-01 00:52 | 1年目つれづれ | Comments(0)

アラフォー、20年のブランクを経てピアノを再開したRobertoです。練習記録のためのブログ。


by Roberto
プロフィールを見る
画像一覧