レッスン17回目

3週間ぶりのレッスンへ行ってきました。

072.gif Chopin Etude Op.10-3 "Tristesse"
渾身の一曲。これで別れの曲のレッスンは終了です。先生と私で一致した意見「ランランの別れの曲、すごく素敵だよね〜!」ということで、ランランの動画をここにアップしておきます。

Lang Lang plays Chopin Etude Op.10 No.3 in E Major at The Berlin Philharmonic.

072.gif Chopin Etude Op.25-2
はい、こちらはいっぱいダメ出しされました。まずは、リズム感はOK。次の課題は、まず、左手うるさすぎ!右手と左手がケンカして、右手のほうが音符は多いけど、左手断然勝ってるやん!というツッコミでした(苦笑

先生のピアノ、SAUTERなんですが、これ、きっちりコントロールして弾かないと、うまく弾けていない音がバレバレな感じ。左手がうるさい!というのも、家のカワイのアップライトだとそんなに気にならなかったんですけど、先生のピアノで弾いていると一目瞭然でした。

高速で駆け抜けるこの曲でも、加速するとことろ、スピードを落としてぐぐっと抑制するところとをつけて弾くように、との事。これをするために、まずはゆっくり、自分でしっかりコントロールできるスピードで練習し、テンポルバートをどのようにつけるのかを決める。それを少しずつ早いスピードで弾けるようにとの事。スケールやアルペジオで駆け降りるような場所は基本的に加速。フレーズの切れ目や、上昇していくところはややスピードを抑えて、コントロールする。とにかく、三連符がひたすら続くので、自然にエネルギーが増大してどんどんテンポが速くなりがち。テンポをしっかり自分でコントロールする事が大事との事でした。

あとは、この曲はどこもケンカをする部分がない、右手と左手の調和が大切だから、しーっかりその事を肝に命じて綺麗に弾くように。ショパンの中でもこの曲のメロディーはダントツで素敵なメロディーなので、ガツガツひいちゃだめよ!という事で。1週間また頑張ります。右手のパワーアップになりそうなこの曲です。レッスン前に2時間ぐらい追い込み練習で弾き続けていたもんで、この日は夜右手がダルくなりました。まだまだピアノ筋肉がへなちょこなんですね、私。頑張ろう。

今学期は来週火曜日でおしまい。で、夏休み〜!と思ってたんですが、7月いっぱい休みなだけだそうで。次のレッスン直後には一時帰国、戻ってくるのが7月中旬なので、実質モーツアルトのピアノコンチェルトを練習する時間は2週間。いろいろ弾きたい曲〜とか思ってたんですけど、モーツアルト一本で夏休みはあっという間に終わりそうです。



[PR]

# by piano_lessons | 2016-06-16 04:07 | レッスン記録 | Comments(2)

つれづれが続きます

練習あまりせずにレッスン…と思っていた水曜日、レッスン2時間ぐらい前に先生から、「今日レッスンやるんだっけ?」と携帯に連絡が。レッスン予定日だけど、帰省とかでほとんど弾けなかったので、来週でもいいですよ、と返事をしたら了解、とのこと。ということで、ほとんど練習せずの恥ずかしい姿を見せずに済みました。こういうのがあると、あー、やっぱり2週間に1度ペースのレッスンでもいいかなぁとちらりと頭をよぎったり。でもそうすると、私の事だから、練習の密度が下がりそうな気がするので、やっぱり自分を追い込んだ方がよさそう。時間が限られているからこそ、密度の濃い練習ができるように、頻繁に先生にあっておいたほうがやっぱりいいものね。あ〜、近くにモチベーションを上げてくれる、ピアノ友達が欲しいなぁ〜。

ということで、またちょっとまったりモードに入っています。ショパンのOp25-2は、譜読みがようやく終わりました。ゆっくりペースでまーったりと弾いています。練習が足りなさすぎのOp.10-3は、ディミニッシュコードの部分をじっくりじわじわと練習中です。次のレッスンは1日早く、火曜日です。


[PR]

# by piano_lessons | 2016-06-12 10:10 | 1年目つれづれ | Comments(4)

つれづれ

2週間レッスンが空いたのですが、最初の1週間は仕事が忙しすぎて死にそうなスケジュールだったので、練習ほとんどせず、先週1週間は夫の実家に帰省していたので、ちらちらとはピアノ弾いていましたが、練習、というほどではなく。

ということで、ほとんど現状維持、いや、むしろ退化?という状態で今日のレッスンへ行ってきます(汗

さて、夫の実家では、今年に入ってから先生とやった曲をいろいろ披露してきました。一番気に入られたのがドビュッシーの月の光でした。有名だし綺麗な曲だもんね〜。ダントツのうけのよさでした。私の中では、ショパンのエチュードとか、ベートーヴェンの悲愴が一押しだったんですけど、やっぱり一般受けする曲と、マニア向けの曲との違い?

ということで、綺麗系の曲がやはり受けるようなので、次回実家に帰省するまでに、もうちょっといろいろ持ち曲を増やしておきたいなぁ。もうすぐ夏休みなので、好きな曲をいろいろ弾く時間もあるかな〜と思っています。皆さんのおすすめ、何かありませんか〜?


[PR]

# by piano_lessons | 2016-06-09 06:17 | 1年目つれづれ | Comments(4)

レッスン16回目

水曜日はウキウキレッスンの日072.gifなんですが、ここのところ仕事が忙しすぎて、睡眠不足だし、夜子供が寝てから職場に戻ることも多々(涙 あまりにしんどくて、練習もぜんぜんできていないし、レッスンキャンセルしようかなぁ、というところまで来ていたんですが、水曜日、奇跡的にちょっと早く帰宅ができて、2時間ぐらい練習ができたので、しんどいけどやっぱり行くことにしました。そんなレッスンの日。一番きつい時こそ、ピアノの時間を諦めたくない!

072.gifショパン エチュード No. 3 Op. 10-3

「次回、ビデオ撮影しようね。」何て言われていたので、ドキドキしながら行ったのですが、なんだ、先生忘れてるやん!まぁ、ビデオ撮影ができるほど弾き込めていないのは事実だし…ということで先生に聞くこともなくスルーさせて頂きました。ま、正直まだまだ感がいっぱいなので、まだこの状態で先生のウェブサイトにアップされても嫌だしねぇ…

で、例のディミニッシュコードの場所なんですが、先生が、「ここの部分はまだまだ精一杯感が拭えないねぇ」ということで、全部とは言わないけど、ちょっと余裕を持たせるために、右手52指→31指の部分を、51指→41指にして1の指を滑らせるようにして弾く場所を作って、楽に弾けるようにするのも手だね、との提案。3箇所でも4箇所でも、この方法で全体がうまくまとまるならそれもありよね、とのことでした。ちょっと考えてみます。

来週は私用でレッスンはお休みです。なので2週間後に、「完全に仕上げた形の演奏を弾いて」との指示。あと2週間、頑張ります!



で、もう夏休みが目前。あと3回で2ヶ月の夏休みに入ります。夏休みの事を聞いたら、じゃ、次のエチュードを夏休み入るまでに仕上げて(って、さすがにそれは無理じゃ?いや、でも頑張ります!)、夏休みの宿題として、モーツアルトのピアノ協奏曲20番(K.466)の第三楽章とかやってみる?と勧められました。


Mozart: Concerto for piano and Orchestra (d-minor) K. 466
(第三楽章は24:36ぐらいから始まります)

先生がオーケストラのパートを弾いてくれるとの事。コンチェルトなんてやったことないし、願ったり叶ったり!モーツアルトはすっかりご無沙汰なので、これまたドキドキ。

それ以外にも夏休みの間に弾きたい曲はいっぱい!ショパンのワルツもマズルカもちょっとやりたいと思っているし、夏はしっかり指のトレーニングにも取り組みたいと思っています。来月にはピアノを再開して1年。まだまだひよっこですけど、ブログを通して知り合った皆様に負けないように、これからももっと精進したいと思っています。



[PR]

# by piano_lessons | 2016-05-27 13:13 | レッスン記録 | Comments(2)

動画:Chopin Etude No. 3 in E major (Op. 10-3)

初エチュードです。なかなかノーミスでの演奏にたどり着けません。やっぱり途中のディミニッシュコードの部分がきつい。で、なかなか頭打ちになって上達しないので、ひとまず動画をアップ。まだしばらく弾き続けるので、アドバイスでもなんでも、コメントいただけると嬉しいです。


Chopin Etude No. 3 in E major (Op. 10-3)

いや〜、この曲、本当に手応えのある曲です。レッスン記にも載せますが、来週はレッスンおやすみで、次は2週間後。次のレッスンに行く時までにもうちょっと弾き込もうと思っているので、それまでにもう少ししっかり弾けるようになっているといいなぁ。


[PR]

# by piano_lessons | 2016-05-27 05:38 | 動画 | Comments(4)