懐かしの楽譜たちとの再会

日本帰省中、実家に置いてある楽譜たちをいろいろ見てきました。もうそれはそれは懐かしの楽譜たちがいーぱい。タイムカプセルを開けるような、そんな気持ちで、いろんな楽譜を開きました。

e0350178_00465324.jpg
e0350178_00470404.jpg






















e0350178_00473961.jpg
e0350178_00475575.jpg






















e0350178_00482942.jpg
e0350178_00484421.jpg






















そしてツェルニー100番、30番、40番、50番。50番はかなり前半で止まっていたと思っていたら、真ん中ぐらいまで進んでいました。どの本もボロボロでかなり年季が入っています。バッハのインベンション&シンフォニアに至っては、ボロボロすぎて2冊目買ってましたよ、私。バッハはしっかり弾けるようになるのにすごーく時間が掛かるから、何年も何年も使い続けてここまでボロボロに〜という気合の入りよう。頑張っていたのね、大昔の私!

あとは春秋社の楽譜たち。かなりいっぱいありましたが、結局全部持って帰ることはなく(単にパッキングする時間切れ&他のお土産でスペースがなくなった)、今回、メンデルスゾーン集2(無言歌集)、リスト集2(超絶技巧練習曲集、パガニーニ大練習曲集など)、モーツァルト集2(ソナタ集)の3冊というチョイスでアメリカに持ち帰ってきました。ショパンはやはりエキエル版を使いたいし、ベートーヴェンソナタはヘンレ版をもう買っているし、ということでこんなチョイスになりました。

実家で母に、私のここ数ヶ月の演奏をYouTubeで見せることもできました。母曰く「あれだけ費やした時間もお金も、こうやってピアノを趣味で楽しんでくれているなら、無駄ではなかったね〜。」ですって。小学&中学時代は土曜日も日曜日もピアノのレッスンだったし、それにずっと付き合ってくれたのは母ですからね。本当に感謝感謝です。まだまだこれからもっといろいろな曲と出会って、生涯の趣味として向き合っていこうと、再び初心に帰れた気がします。

あ、そうそう、音楽辞典も発見したので持って帰ってきました!

e0350178_01121308.jpg








これで、分からない楽語をいちいちネットで調べる、ということが不必要になりました。やっぱりピアノのすぐそばに辞典、必要よね。

さ、まだ時差ぼけだけど、ぼちぼちピアノも弾き始めましたよ。頑張るぞ〜!



[PR]
# by piano_lessons | 2016-07-20 01:18 | 2年目つれづれ | Comments(2)

戻ってきました!

3週間の一時帰国を終えて無事アメリカに戻ってきました!

3週間の間、ピアノは、一度だけカワイ音楽教室に行って、空いている部屋で1時間弾かせてもらったのみです。練習室、グランドピアノでしたが、キッチキチにピアノが入っていて、狭さにびっくり!(苦笑

というわけで、ほぼピアノに触らないままの3週間を過ごし、今はまだ時差ぼけでピアノを弾く余裕もなく、ぼちぼち今週ぐらいからピアノの練習開始しないとな〜、という感じです。なんとなくまだ夏休み感抜けきらず、まったりモードですが、8月のレッスン開始に向けて、モーツアルトのコンチェルト、頑張ります!



[PR]
# by piano_lessons | 2016-07-19 00:25 | 2年目つれづれ | Comments(4)

動画:Chopin Etude No. 14 in F minor (Op. 25-2)

日本帰国前にこのエチュードをあげておきます。あと2週間ぐらい続ければもうちょっといい線いった気がするんですけど、今から3週間ピアノ弾けないかもしれないので、現状からさらに劣化する前に現状をアップ…


Chopin Etude No. 14 in F minor (Op. 25-2)

綺麗な曲ですよね、これ。もうちょっとメリハリつけて流れるように最初から最後まで弾けるといいんですけどね。人生短いので次行きます!


[PR]
# by piano_lessons | 2016-06-24 02:16 | 動画 | Comments(8)

1年目つれづれ最終回

今日で、ピアノが我が家へやってきてまる1年になります。

いや〜、一年しっかり練習しました!とはいえ、時間がとにかく限られているので、毎日2〜3時間弾ける人に比べて、進展はずっとゆっくりですけど。それでも、ピアノを全く弾いていなかった20数年のブランクを考えると、ここまで指が動くようになって、現役時代には弾かなかった難易度の曲も少しやって、自分の中では大満足です。(憧れだったショパンのエチュードも2曲やりました!)

これからも、弾きたいなぁ、と思っているけど弾いた事がない曲、今まで挑戦した事のない作曲家の曲、大好きなショパン等々、もっともっとピアノを楽しめたらなぁ、と思っています。休み明けはコンチェルトに初挑戦という新しい事が待っているし、本当に楽しみです。

ということで、次回からのつれづれ記事は、「2年目つれづれ」というカテゴリーで。
あ、でも今週金曜日から3週間日本帰省なので、ブログもしばらくお休みです。

皆様、素敵な夏休みをお過ごしください058.gif


[PR]
# by piano_lessons | 2016-06-22 23:36 | 1年目つれづれ | Comments(2)

レッスン18回目

レッスンへ行ってきました。

072.gif Chopin Etude Op.25-2
一通り弾いて、まず最初に言われた事。「右手、小指が吊り上がってるよ〜!」との指摘。それでも十分早く弾けているけど、小指が上に上がっていることで、薬指に影響が出る。もっとリラックスして弾かないと、もっと速い曲を弾きたいときに足かせになるよ、との指摘でした。で、ふたたびHorowitzの訓練。小指のリラックス、親指の独立、指全体、飛び跳ねない、手首のスムースな動き、をまた徹底してね、とのご指摘がありました。もっとも+っと難しい曲を弾くときに、こういう地道な指のトレーニングが大きく効いてくるから、もっと上を目指したいなら、ここの徹底をしっかりね、と言われました。

たしかに、早い曲を早く間違えずに弾こうとすると、ついつい指に力がぐーっと入りがち。それだと手を痛めてしまうので、とにかくもっとリラックスする事はとても大事。ということで、リラックスを心がけてもう一度。

前半2ページはいい感じに仕上がってるけど、3ページ目からが迷子になってる感じ。もっと、どこをどのように弾きたいかを明確に。ということで、ここから集中的に弾きながら弾きかたをしっかり決める。例えば39小節目〜41小節目は同じフレーズの繰り返し。ここはどうしたい?クレッシェンド?デクレッシェンド?同じように弾いたらダメ!ということで、しっかりクレッシェンドをかけて弾く。43小節目でフォルテなのが、たった2小節、45小節目ではピアノ。ここはものすごくダイナミックにピアノに持っていく。47小節目と48小節目でまた同じフレーズの繰り返し。ここも同じようにひかず、ちゃんと変化を。ということで、48小節目は消えいりそうなぐらい小さな音で。で、また主題に戻る。最後、67小節目は思い切り早くスケールをかけおりる。

先生と一緒にやった3ページ目から最後まで、ようやくどう弾きたいのかがはっきりした感じ。あとは練習あるのみです。「君は、ゆっくりするところが苦手だから、思っている以上にゆーっくりにして、しっかり曲のコントロールを取り戻すように。」との指摘がありました。でも、左手は前回に比べむちゃくちゃ良くなったし、早くするところ、フォルテで弾くところなどはいい感じなので、このままもうちょっと練習して、自分のものになったらそれで終了、との事。

これで、今学期はレッスンが終了です。金曜日から3週間日本帰省で、戻ってきたらたった2週間で、8月。8月頭からレッスン開始なので、帰ってきたらすぐにモーツアルトのコンチェルトNo. 20の第三楽章に取り掛かります。日本滞在中は、ピアノに触る機会があるかなぁ?


[PR]
# by piano_lessons | 2016-06-22 12:01 | レッスン記録 | Comments(2)

アラフォー、20年のブランクを経てピアノを再開したRobertoです。練習記録のためのブログ。


by Roberto
プロフィールを見る
画像一覧