練習つれづれ

次のエチュードにGoサインが出たものの、やっぱり別れの曲の完成度がまだぜんぜん足りなくて、来週録画、という事が頭からはなれず、まだ譜読みも全く進めていません。

ということで、まだまだ弾いています、別れの曲。来週レッスンでの録画対策、ということで、自宅での録画もぼちぼちと初めました。今日はそこそこいい感じに録画が進んで、中盤の難しい場所も乗り越えた〜!と喜んでいたら、後半で娘が「ママ〜」ってやってきて泣く泣く中断…(泣 なんてこともありつつ、明日、日曜日あたり、今の時点でのバージョンを録画できるといいなぁ、と思っています。

なんていいつつ、もうすぐ夫の実家に帰省するので、そこで披露(笑)するために、今年に入って先生と一緒にやった曲たちをぼちぼちと復習中。今日はノクターン19番、ワルツ14番、悲愴第2楽章、第3楽章と弾きました。もう結構忘れているものの、練習を少しすれば思い出すという感じ。明日は、ぜんぜんやってないOver the Rainbowと月の光、弾けたらいいなぁ、と思っています。嬉しい発見は、その曲をやっているときは結構精一杯だった箇所とかが、以外と簡単に弾けたりして。もしかして、ちょっとは上達してる?という微かな喜びを見出しています。



[PR]

# by piano_lessons | 2016-05-22 13:30 | 1年目つれづれ | Comments(4)

レッスン15回目

水曜日はウキウキレッスンの日

ショパン エチュード No. 3 Op. 10-3

一通り弾きました。やっぱり一通り弾こうとすると、集中力が途切れてどこかで崩壊。ということで、やはり途中何度か崩壊しましたが、それ以外はすごくよかったよ、とのこと。先生曰く、先生が弾くのとはまた違う解釈で、でもちゃんとつじつまが合っていて、面白かったですって。

突っ込まれたのが2箇所。17小節目から19小節目まで。ここは4拍目がすごーく重要。4拍目は次の小節へ観客を連れていく感じで、しっかりルバート聞かせて、よいしょ、と次の小節へ観客を連れていく。あとは73小節目から最後まで。もーっとゆっくり弾く。

ということで、先生が、「じゃ、君さえよければ、来週ビデオ録画させて。それを僕のウェブサイトにアップしたい。」との提案が。ひえ〜!ということで、あと一週間、もっと上手に、もっとしっかり自分の演奏になるように精進します。しかし、ビデオ撮影されながら、ちゃんと自分の演奏が弾けるかねぇ?とーっても不安…

そして、


次の曲は予定どおり、ショパン エチュード Op. 25-2となりました〜いろいろ話をしてて、「次はエオリアンハープやってみる?」とか「君には次リストを弾いてほしい。愛の夢3番とかどう?」という恐れ多い提案もあったのですが、ひとまず予定どおり、このエチュードをやりたい、というと「あっ、これね。スピードだけ早いけど、指に負担がかかるわけでもないからいいね。これで!」と承諾してもらいました。ホッ。でも、エオリアンハープもリストの愛の夢も絶対に弾いてみたい曲ではあるので、この2曲を夏休み(あと1ヶ月で今セメスターが終了し、8月末まで2ヶ月の夏休みです)の課題にする、というのもありかな、とちらっと頭をよぎったり。


[PR]

# by piano_lessons | 2016-05-19 14:33 | レッスン記録 | Comments(2)

ショパン 別れの曲 練習状況3

まだまだ練習中です、別れの曲。

週末、ぼちぼち弾けたので、かなり弾けるようになってきました。最難関部は完全に楽譜は覚えたし、かなり練習したので、だいぶ弾けるようになってきました。まだ、私の理想とする速度で弾こうとすると崩壊します。今の時点で、ちゃんと弾ける速度はこれぐらい。


もうちょっとだけ速度出したいんですけどね。あと2日でどこまで練習できるか。

あとは、前半後半のゆっくりの旋律部は、ハミングしながら弾くと、ゆっくり弾くところ、ちょっと速度を早めるところなどがイメージしやすく、なかなかいいんでないの?ということに気づきました。やっぱショパン様ですね。「声楽を勉強しろ」というのは正しかった!(←今更の発見?汗)

まだ、通しで弾こうとすると、難関部でつまづいてしまったりします。この難関部、かなり精神を集中しないと、途中で崩壊するので、それも含めて通しで弾けるように練習しなきゃな、というのが今の課題。この曲、たぶん今まで弾いた中で一番難しいかと思います。でも、だからこそ、これをしっかり弾きこなせるようになると、かなり大きな前進になると思うので、まだまだ頑張ります。


[PR]

# by piano_lessons | 2016-05-17 22:44 | 1年目つれづれ | Comments(4)

レッスン14回目

水曜日はウキウキレッスンの日

ショパン エチュード No. 3 Op. 10-3

最初の1ページ、ゆーったりの旋律部は、ずいぶんよくなったよ、との事。14~16小節目とぐーっと盛り上がった後、17小節目〜19小節目、自分で歌ってみて。歌ってみたらどこをどうすればいいかがわかるよ〜!って言われました。

2ページ目冒頭(21小節目から)、軽やかに〜、腕の力ではなく、指だけで弾いて。楽しそうに弾く。最初の難関部、38小節目から、ペダルを踏み込む、クレッシェンドをたっぷりかけて、40~41小節目にかけて早く弾く。42小節目、一気に駆け下りる。力強く。43小節目、もっと力強く。

そして最難関の部分、これは全部ディミニッシュコードでできている。ディミニッシュコードは3種類しかなくて、その組み合わせでできているのがこの部分。難しいと思う曲の多くがこのディミニッシュコードでできていることが多いので、ディミニッシュコードの練習として、しっかり取り組む。ここの練習をするときは、小さな音で、リラックスして練習しないと、手を痛めるから気をつけてね、との事でした。

一週間で、よく頑張ったね。方向性はだいたいできてるから、あと一週間で仕上げれるんじゃない?って軽く言われました。いや〜、これ、なかなか手ごわい曲なんですけどねぇ… でも、最難関部の繰り返し練習、確実に弾けるように&もうちょっと速度をあげることを目標に、あとはひたすら弾きこみの日々ですね。頑張ります!!

いや〜、でも、この曲が弾ける日が来るなんて(いや、まだ弾けないけど…)、とってもうれしい。やっぱピアノ再開して、そしてレッスンも再開してよかった♡


[PR]

# by piano_lessons | 2016-05-13 06:12 | レッスン記録 | Comments(2)

ショパン 別れの曲 練習状況2

まだまだ地道な練習を続けています。あぁ、1日2時間ぐらい練習したい。今のスケジュールでは、1時間が精一杯な感じです…

最難関部の練習風景です。最初は前の記事で載せた通り、コードごとに区切って弾く。そこから続け練習に入って、これをひたすらじわじわと練習して、手にしっかり馴染むまで〜。まだこのスピードが精一杯ですが、今週末あたりたっぷり練習ができたら、もうちょっと早く弾けるようになるかな、と思っています。



今、Kissinさんの演奏をみたら、同じ部分を全部で10秒で弾かれています。私のこの録画で17秒ぐらい。あぁ、まだまだスピードアップが必要ですねぇ〜(汗

今日はレッスン!一曲通しで全然弾いていないので、崩壊しそうな気はしますが、行ってきます!


[PR]

# by piano_lessons | 2016-05-12 01:58 | 1年目つれづれ | Comments(2)