ダニール・トリフォノフ

クリスマス休暇中、ピアノを再開したんだよ、という話をしていたら、NY在住の音楽家である親戚が、私の友達に若手のすごいピアニストがいるんだよ〜と教えてもらったピアニスト。全く知りませんでしたが、調べてみるとすごい人でした!ということで、

ダニール・トリフォノフ
(Daniil Olegovich Trifonov 1991/3/5-)

ロシア出身のピアニスト兼作曲家。ロシアで生まれる。両親共にプロの音楽家。5歳でピアノを始め、8歳でオーケストラとコンチェルトを演奏。この演奏中に乳歯が抜ける。モスクワで名高いグネーシン音楽学校にてTatiana Zelikmanに師事。

2009年からクリーブランド音楽大学にてSergei Babayanに師事。2010年、19歳で参加した第16回ショパン国際ピアノコンクールで第3位+マズルカ賞を受賞。翌年2011年の5月にはルービンシュタイン国際コンクールで優勝、さらにその数週間後には第14回チャイコフスキーコンクールで優勝。2013年2月にカーネギーホールデビュー。CDはショパン、リスト、チャイコフスキー、ラフマニノフや自身作曲した曲など数々。

チャイコフスキーコンクールにて チャイコフスキーピアノ交響曲第1番



ショパンコンクールで弾いたソナタ第3番



いつか是非彼のコンサートも聴いてみたいなぁ。注目の若手ピアニストです。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
[PR]
by piano_lessons | 2016-02-11 00:57 | ピアニスト

アラフォー、20年のブランクを経てピアノを再開したRobertoです。練習記録のためのブログ。


by Roberto
プロフィールを見る
画像一覧