モーツアルトソナタ

遅ればせながら明けましておめでとうございます!

すーっかりご無沙汰で、もうこのブログも閉鎖?という感じになっていますが…年末2ヶ月ほど怒涛の忙しさで、ほぼピアノを弾く余裕もなく、黒鍵も最後までたどり着くことなく劣化しています(泣 まだまだバタバタ忙しい日々。さらに息子のみならず下の娘(5歳)もピアノを習い始めたので、自分のピアノ時間をがっつり取れることがほぼなく〜。

でもピアノ熱が冷めた訳ではありません。自分の楽しめる範囲でピアノ、続けて行きますよ〜。ということで、今年一番最初に取り組むことにしたのがモーツアルトソナタK331

Mozart Piano Sonata No. 11 A Major K331

これ、大昔に弾いた覚えがあって、大好きな曲。変奏曲形式になっているので、変奏曲ごとに練習できるので、細切れ時間でも取り組みやすい。第三楽章のトルコ行進曲はピアノを再開してわりとすぐに弾いた曲なので、まだ比較的記憶に新しい。ということで。

本当は、ショパンのバラードへ向けて毎日ガシガシ弾きたいところですが、まぁ現実にはそうもいかず。このソナタに取り組んでみて、自分の中で完成したら、レッスンに戻るか、また別の曲に取り組んでみるか。まぁ、時間との兼ね合いであまり気負わず頑張ります。


Commented by mamechobi at 2018-01-26 09:31 x
おかえりなさーい(笑)。

このソナタ、子どもの頃発表会で弾きました!
懐かしいなぁ。好きな曲でしたよ。
ちょうど、年が明けた頃に少し弾いてみたところでした。

娘さんもならい始めたんですね!
ピアノの奪い合いになっちゃいますね〜(笑)。

お忙しいのだろうなーと、更新されないブログを眺めておりましたが、
ピアノ熱が冷めてなくてよかった!!

気負わずがんばりましょー。
Commented by piano_lessons at 2018-01-27 00:56
> mamechobiさん
ただいまです!すっかりご無沙汰してしまって…

このソナタ、かわいいですよね〜。でもね、やはりモーツアルト、すごーく上手に弾かないと綺麗に聞こえません。なので、確実に、丁寧に。均一な、綺麗なタッチが求められる感じで修行になります。

そうそう、娘ちゃん。まだ片手ずつだし、レッスン2回行っただけなので、ほどほどですが、これからますますピアノの時間の確保が難しくなりそうです。
by piano_lessons | 2018-01-26 03:51 | 3年目つれづれ | Comments(2)

アラフォー、20年のブランクを経てピアノを再開したRobertoです。練習記録のためのブログ。


by Roberto
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る